ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

環境が売りになる時代を先読み
“使ってはがせるカーペット”を開発
タカハラコーポレーション社長 高原絋治

週刊ダイヤモンド編集部
【第103回】 2010年2月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
高原絋治
タカハラコーポレーション 社長 高原絋治(Photo by Satoru Oka/REAL)

 昨年12月、新宿・伊勢丹の床一面に緑と赤色のツリーのイラストが描かれ、買い物客の注目を集めていた。じつはその表面は、多くの人が歩いても転ばず、破けず、汚れがつきにくい、透明なシートで覆われていた。

 そのシートは、タカハラコーポレーション社長、高原絋治が開発した「ビバシート・フィルム」である。プラスティックフィルムの上に特殊な塗料を塗ることで、耐久性を高めた床材だ。取りはずしも簡単にできる。国から不燃材の指定を受けており、楽に廃棄もできる。

 タカハラコーポレーションは、名古屋市を拠点に清掃業を営むが、最近はこの床材への引き合いが増えている。2005年頃に開発を始め、08年春に本格的に販売を開始した。冒頭のようにイラスト広告や床の案内板、工場の歩行帯、さらにはヘルメットにまで用途が広がっている。毎月、500万円ほどを売り上げており、これまで500ヵ所に納入した。

 たとえば、トヨタ自動車の工場や台湾・台北市の地下鉄などに採用され、問い合わせは3000社近くに上るという。

わが社はこれで勝負!
PET材の表面に独自で開発した塗料を使い、耐久性を高めた床材「ビバシート・フィルム」。拭くだけで汚れは落ち、抗菌加工もなされ清潔だ。滑りにくく、色をつけられることから、家具の表面や車両広告などへ用途が広がっている

 その発想は、高原の環境問題への高い意識にあった。20年以上前から続けてきた、同業者らを対象にした清掃の講習会でも、こう話してきた。「普通の洗剤やワックスを使えば、汚水となって環境汚染を招く。環境に優しい清掃業者として、差別化戦略を構築しなければならない」。

 その究極が「ラップのようにはがせて、汚れにくい床」。これならば、「洗剤も使わず、掃除もいらない」のである。奇抜なアイディアは生まれたものの、事業化への道は長かった。

雪降る真夜中に
商店街シャッターたたき営業を成功させた原点

 高原は、岐阜県の中学校を卒業後、集団就職のために上京した。しかし、いっこうに仕事になじめず、全国を流浪した。「水商売など両手両足で勘定できないほど仕事を変えた」という。20歳になると、結婚を意識し「背広とネクタイを身に着ける業界に入りたい」とレジスターの製造、販売をしていた会社に就職し、営業マンとして働く。

 ノルマを果たさなければ家にも帰れない厳しい現場だった。入社して1年あまりの真冬の1月。その日もノルマを達成できず、深夜2時にマネジャーに田舎町の商店街に連れ出された。雪が降り、シャッターの下りたなかでの営業活動である。「無謀だ」と思った。だが、肩に雪を積もらせながら、見守るマネジャーの姿を見て、奮起した。

 シャッターを1軒ずつたたいて回った。罵声を浴びせられ、警察を呼ばれそうにもなった。すると、ある電器店のおかみさんが「とにかく寒いだろう、中へ入りなさい」と声をかけてくれた。そこで商品を説明し、朝5時過ぎ、契約が成立した。高原は「できないというのは言い訳だ。やる気に勝るものはない」と気づき、営業成績トップまで登りつめる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧