カンボジア 2013年2月5日

国王の葬儀
~カンボジア、一時代の終わり

朝日新聞のマニラ支局長などを経て2009年に単身カンボジアに移住、現地のフリーペーパー編集長を務めた木村文記者が、シアヌーク前国王の葬儀についてレポートします。

3カ月間、王宮前広場には花と線香の煙が

 昨年10月15日に亡くなったカンボジアのシアヌーク前国王の葬儀が、2月1日から4日にかけて首都プノンペンで行なわれた。4日には、日本の秋篠宮殿下を含む要人が葬儀に訪れたので、報道でその様子が各国に伝えられたと思う。

 療養先の中国・北京で亡くなった前国王の遺体は、10月17日にカンボジアに戻ってから、王宮内に安置されていた。王宮はその間、国内外からさまざまな人々が弔問に訪れた。王宮内には特別な手続きがないと入れないが、王宮外で献花するために訪れる国民も途切れることなく、3カ月の間、王宮前広場には花と線香の煙が絶えることはなかった。

 2月1日、王宮のご遺体を、特設された火葬場へと移動する儀式が行なわれた。特設された火葬場は、王宮にほど近い場所だが、前国王の棺は、葬列とともに市内の独立記念塔などをめぐり、5時間あまりをかけて火葬場に安置された。

 長い弔いのクライマックスともいえるこの葬列を一目見ようと1日午前、私も独立記念塔の前で前国王の棺を待った。カンボジアの喪服は、上が白、下が黒と決まっている。葬列が通る4時間前には、手にハスの花や線香を持った喪服の数千人の人々がもう記念塔の周囲に人垣を作っていた。

 ここで人気を博していたのが、前国王のブロマイド写真だ。だれが、どのように用意したのかは分からないが、若き前国王夫妻とシハモニ現国王の家族写真や、穏やかにほほ笑む晩年の前国王、女優のように美しい妻・モニク妃とのツーショットなど、数種類の写真を無料で配布していた。

 葬列を待つ人垣では、お互いに手にした写真を見せ合いながら、しばしシアヌーク前国王に思いをはせる姿がみられた。お年寄りが子供たちに思い出話を語るかのような姿もあった。

独立記念塔の前を通り過ぎるシアヌーク前国王の棺【撮影/木村文】
前国王の葬列を待つ間、人々に配られていた前国王一家のブロマイドと、喪章【撮影/木村文】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。