ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
本荘修二の実践講座! 社員を動かすウェブ

日本企業への教訓満載!英BTが社員向けソーシャルウェブに目覚めるまで

本荘修二 [新事業コンサルタント]
【第13回】 2009年11月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ソーシャル・ウェブが大企業で活用されることを未だに信じられないと思う人が多いが、一方で思慮深く実践している企業があるのも事実だ。それも保守的な巨大企業で。

 まずブリティッシュ・テレコム(BT)を材料に、ソーシャル・プラットフォームとは何か、どう使うことができるのか理解を進めてみたい。そして、これから数回に渡って、期待と誤解が渦巻くソーシャル・プラットフォームについてひも解いていきたい。

最初はねばり強く中央突破
導入はステップ・バイ・ステップ

 BTは10万人以上の社員が170カ国に広がる巨大組織だ。社内のコミュニケーションは、かねてから課題であり、イントラネットには1990年代から取り組んできた。

 そして、いまや世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)となったフェースブックにおいて、BTコミュニティに何千人ものBT社員が自発的に参加するに至って、BTの社内コミュニケーション担当は、ソーシャル・プラットフォームの採用に向けて行動せずにはいられなくなった。

 これだけの組織になると、スカンクワーク的に取り組んでも限りがある。その前に、社のガバナンス上、勝手なことは難しい。

 そこで、人事、法務といった関係部署と対話したが、ソーシャル・プラットフォームの効果の大きさをアピールしたため、かえって警戒された。そのため、既存のものと同様であり、使いやすくシンプルで、洗練されたものだという論調に軸足を移して、頭の固い部門をねばり強く説得した。また、社内規定についてもこうしたツールの展開をカバーできると確認を行った。

 さらに社内外のコミュニケーション責任者からなるBTコミュニケーション・カウンシルを説得して、ようやく2006年8月にソーシャル・プラットフォーム導入が承認されたのである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

本荘修二 [新事業コンサルタント]

多摩大学客員教授、早稲田大学学術博士(国際経営)。ボストン・コンサルティング・グループ、米CSC、CSK/セガ・グループ会長付、ジェネラルアトランティック日本代表を経て、現在は本荘事務所代表。500 Startups、NetService Ventures Groupほか日米企業のアドバイザーでもある。


本荘修二の実践講座! 社員を動かすウェブ

グループウェアに始まり、ナレッジマネジメント、最近ではEIP(企業内情報ポータル)と、話題の概念で語られ続けてきた社員向け情報システム。企業にとって永遠の課題である社内ウェブの理想的な作り方を、先進事例を紹介しながら探る。

「本荘修二の実践講座! 社員を動かすウェブ」

⇒バックナンバー一覧