ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
数字で会社を読む

【トクヤマ】
大型投資後にシリコン市況大暴落
100年企業を襲う最大の危機

週刊ダイヤモンド編集部
【第104回】 2013年2月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

多結晶シリコン国内最大手のトクヤマが、急激な業績悪化に苦しんでいる。太陽光バブルの崩壊によるシリコン市況の悪化と、マレーシアへの大型投資が負担となり、身動きができない状況だ。

 2011年2月、マレーシア・サワラク州でトクヤマの新工場起工式が盛大に開催された。取得用地200万平方メートル、総投資額2000億円という工業団地初のビッグプロジェクト。その式典に集まった地元政府首脳ら関係者5000人を前に、幸後和壽社長は「この工場をステップに18年の創業100周年に向け躍進する」と宣言してみせた。

 それから約2年。トクヤマの業績は急速に悪化した。12年度上期は連結決算を始めて以来初の無配。通期業績も下方修正し、25億円の最終赤字に転落する見込みだ。

 設備投資額は11年度から急増し、12年度は972億円に上る見通し(図1)。その約8割を占めるマレーシア工場建設によって生産能力を引き上げる多結晶シリコンが販売数量、価格共に大幅に落ち込み、業績悪化の主因となっているのだ。

 トクヤマの事業構成はカセイソーダや塩化ビニルモノマーを有する化成品事業、多結晶シリコンなどの電子材料を有する特殊品事業、セメント事業、医薬品原料やフィルムなど多様な製品を持つ機能部材事業の四つから成る。

 売上高はこの四つがバランスよく構成されているが、営業利益は特殊品事業が過半を占める(図2)。まさに多結晶シリコンが同社の利益を牽引してきた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


数字で会社を読む

週刊ダイヤモンドで好評連載中の「数字で会社を読む」。各業界・企業を担当する第一線の記者が、ポイントを絞った財務分析で企業・産業に切り込みます。

「数字で会社を読む」

⇒バックナンバー一覧