ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

その日は旅を終える日でも始める日でもない

上田惇生
【第29回】 2008年1月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
産業人の未来
ダイヤモンド社刊 1600円(税別)

 「われわれが平和を手にする日は、旅を終える日でも旅を始める日でもない。それは馬を替える日にすぎない」(『産業人の未来』)

 ドラッカーがこれを書いたのが、1941年、米国に移り住んで4年目、チャーチルの激賞を得た処女作『経済人の終わり』刊行の2年後だった。

 結局は、米国もこの戦争(第2次世界大戦)に参戦するだろう。そして勝つだろう。しかし、政府統制的、国家総動員的なことはいっさい行なってはならない、勝つための一時のこととの触れ込みで始めても、必ず永続してしまうから。おまけに産業力がものをいう戦争においては、自由で創造的な産業活動のほうが優れているに決まっているではないか――という趣旨だ。

 もちろん、当時の日本は国家総動員法をはじめとする統制的な施策のオンパレード。戦後何十年もたっても、あの頃の錯乱から抜け出るのに四苦八苦というありさまである

 当時は全体主義という特殊な時代だった、と片付けられるだろうか。

 今また、景気回復のためとして、行なってはならないことをずいぶんと行なっているのではないだろうか。景気回復の日は、新しい旅を始める日ではないというのに。

 「機能する自由な産業社会を実現するうえで最も重要でありながら最もむずかしく思われることは、明日の社会と政治にとって、自由こそが決定的に重要な問題であることを認識することである」(『産業人の未来』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧