ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

「薬剤師が結婚できない理由」から考える
晩婚化・非婚化の理由

小川 たまか
【第113回】 2013年2月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 晩婚化・非婚化が進む日本。「手に職があり、安定している」イメージのある薬剤師という職業でも、その傾向は同じようだ。薬剤師向けコミュニティサイト「ココヤク」が実施した薬剤師の恋愛観・結婚観に関する調査が興味深い。

 アンケートは1月7日~15日まで、薬剤師と薬学生335人(未婚:223人/既婚:112人)にインターネット調査で実施。

「配偶者の年収が200万円以下」
独身者は8%、既婚者は22%が「それでもOK」

 「ココヤク」がアンケートを実施したきっかけは、薬剤師には「手に職があり安定している」「収入も悪くない」「社会的評価が高い」などの一般的なイメージがあると考えられる一方で、「薬剤師は結婚できない」という意見がサイトに多く寄せられたこと。既婚者・独身者それぞれに恋愛観や結婚観を聞くことで、「薬剤師が結婚できない理由」を調査した。

 調査によると、独身薬剤師の64%が、結婚相手に望む年収は「301万円~600万円」と答えたという。「厚生労働省 賃金構造基本統計調査(平成23年)」によれば、薬剤師の平均年収は500.3万円(男性=571.5万円、女性=473.3万円)。自分と同程度の年収を相手に望んでいると考えられる。しかし、既婚者へのアンケートでは、「年収301万円~600万円」の配偶者を持つ既婚者は35%という結果となった。

 さらに顕著な傾向が見られたのは、配偶者の年収が「200万円以下でOK」と回答した独身薬剤師は8%だったのに対し、既婚薬剤師では22%と約3倍だったことだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ザ・世論~日本人の気持ち~

価値観が多様化し、隣の人の考えでさえ分かりづらい現代。注目のテーマについて、みんながどう考えているか気になるところだろう。この連載では様々な統計、調査結果等を取り上げ、その背景にあるトレンドや人々の意識を分析。現代の「日本人の気持ち」=「世論」を探っていく。

「ザ・世論~日本人の気持ち~」

⇒バックナンバー一覧