ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
数字で会社を読む

【みずほフィナンシャルグループ】
株高で目標利益は射程圏内へ
復活の裏に潜む今後の課題

週刊ダイヤモンド編集部
【第106回】 2013年3月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「変革プログラム」が最終年度を迎えているみずほフィナンシャルグループ。にわかに競争力が持ち直し、悲願だった連結当期純利益5000億円も射程圏内に入るが、その復活は本物なのか。

 非効率の象徴と批判された2バンク体制を捨て、ワンバンク体制へとかじを切ったみずほフィナンシャルグループ(FG)。7月の新生・みずほ銀行の誕生を目前に控え、早くもその効果が挙がり始めているという。

 そもそも、個人や中堅・中小企業向けの取引と大企業向けの取引を、みずほ銀行(BK)とみずほコーポレート銀行(CB)に分けて行う2バンク体制は、専門ノウハウを深化させ、顧客へのよりよいサービスを提供できるとの触れ込みだった。

 しかし一方で、お互いの専門領域に踏み込んでビジネスチャンスを広げようという意欲はなかなか高まらず、業務に取りこぼしが生じてしまったのも事実。おまけに、2バンクにそれぞれ本部機能が必要になったことで、人員もかさんでしまっていた。

 そこでみずほは2010年、これら頭痛の種を取り除こうと「変革プログラム」を策定、改革を進めてきた。その目標は新生・みずほ銀行への布石として、達成が絶対となっている。

 とはいえ、当プログラムが発表される直前、10年3月期のみずほの粗利経費率は59.8%(図(1))。三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG。傘下2行の単体合算ベース)の55.4%、三井住友銀行(SMBC)の47.1%より大幅に高いこの数字を見れば、みずほの苦悩は推して知るべしである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


数字で会社を読む

週刊ダイヤモンドで好評連載中の「数字で会社を読む」。各業界・企業を担当する第一線の記者が、ポイントを絞った財務分析で企業・産業に切り込みます。

「数字で会社を読む」

⇒バックナンバー一覧