ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

株価と商品価格が同質の動き
上昇相場を支えた楽観の脆弱

2009年7月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

リーマンショック後高まった相関

 各国の株価指数はこのところ、年初の水準を上回ってしっかりとした動きとなっている。マーケットは一時の総悲壮感を脱し、6月には楽観的な空気が支配的となったかに見えた。

 100年に一度の危機に晒された相場関係者の心理状態がかなり癒えてきており、冷静な判断がようやくできるようになってきたのは確かだろう。

 しかしながら、景気の先行きに楽観的となったように見えた6月の上昇相場も、額面どおりには受け取れない。相場関係者が文字どおり楽観的になったとはいえないようである。

 6月の世界各国の株価指数や商品などと日経平均株価との相関を見ると、一様に高い相関値を示していることがわかる。これは、6月に限ったことではなく、リーマンショック以降、続いている傾向だ。相場に向かっている資金が同質的な動きを繰り返している様を示している。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧