ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

グローバルリセッション突入
日経平均株価も浮上は困難

2008年10月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 リーマン・ブラザーズの破綻によって、金融機関の本格的な淘汰の時代が始まった。

 ウォール街の象徴であった証券・投資銀行の「高レバレッジ、ハイリスク・ハイリターン」のビジネスモデルは挫折し、1つの時代が終焉を迎えた。そして、銀行、証券だけでなく、CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)を触媒として、保険会社にも危機は連鎖している。

 すでに公的管理となったAIGのように、一般に保険会社はCDSの売りポジションを持っていることが多い。CDSの売り手は、信用リスクが上昇すれば損失が膨張し、破綻に至れば膨大な支払い義務が発生する。ハートフォード、メットライフ、プルデンシャルといった保険会社の株価が急落しており、市場の懸念は深まっている。

 「デリバティブの負のリンク」で破綻懸念は高まっているが、今回の金融安定化法案が実効性を伴うものか否かは未知数だ。最大のネックは、不良債権処理の特効薬である「公的資金注入」の条項が欠落していることである。

相場の底打ちはまだ先

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧