ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く

なでしこリーグが難民支援
国民栄誉賞の名に恥じない活躍に期待

降旗 学 [ノンフィクションライター]
【第23回】 2013年3月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 去る二月二五日、大相撲で歴代最多優勝を記録した昭和の大横綱、大鵬さんに国民栄誉賞が贈られた。初代受賞者の王貞治さん(ホームランの世界記録)から数えて二一番めの受賞となった。

 のはいいのだが、亡くなってから授与されたところで、本人は喜ばないぞきっと。

 と私は思っていて、この国民栄誉賞というのはどうにも不思議な賞で、故人に与えられることが多々あるのだ。亡くなって初めてその偉大さに気づくのなら、生きているうちにとっととやれよ。

 と思っているのは私だけではないような気がする。だから、国民栄誉賞は内閣支持率が下がったときの人気回復を図った茶番、なんて陰口をたたかれる。授与されるのは立派な方々ばかりですけど。

 今回授与された大鵬さんの前がレスリングの吉田沙保里さんで、彼女は世界選手権とオリンピックで一三連覇という凄まじい大記録を達成した。ところが、そのレスリングが二〇二〇年のオリンピックから除外される……、という騒動が勃発したものだからさぁたいへん。

 日本国政府はどう出るのか? それとも、あれは民主党政権時の国民栄誉賞だから自民党はレスリング復活に向けて協力するフリをするだけなのか。東京開催の招致だけに血眼になっている場合ではないぞ。野球とソフトボールだってオリンピック競技から除外されているのだから。王貞治さんや衣笠祥雄さんがお元気なうちにオリンピックから野球が外されるなんて……、国民栄誉賞って何なの?

 と思っているのは私だけのような気がするが、吉田沙保里さんの前の受賞者がワールドカップで初優勝を遂げた“なでしこジャパン”の代表メンバーたちだった。団体での受賞も、彼女たちが初めてだ。

 本当は大会で大活躍した澤穂希さんひとりだけが受賞してもよかったのだが、澤さんは美人すぎてふだんから嫉妬されているのに澤さんだけが授与するとやっぱり多くの人が嫉妬するから代表チーム全員の授与が決まった……、というのは漫才コンビ・ナイツのネタです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

降旗 学[ノンフィクションライター]

ふりはた・まなぶ/1964年、新潟県生まれ。'87年、神奈川大学法学部卒。英国アストン大学留学。'96年、小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。主な著書に『残酷な楽園』(小学館)、『敵手』(講談社)、『世界は仕事で満ちている』(日経BP社)他。


新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く

三面記事は、社会の出来事を写し出す鏡のような空間であり、いつ私たちに起きてもおかしくはない事件、問題が取り上げられる。煩瑣なトピックとゴシップで紙面が埋まったことから、かつては格下に扱われていた三面記事も、いまでは社会面と呼ばれ、総合面にはない切り口で綴られるようになった。私たちの日常に近い三面記事を読み解くことで、私たちの生活と未来を考える。

「新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く」

⇒バックナンバー一覧