ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エディターズ・チョイス
2013年3月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
井上健太郎 [編集者]

本をテーマにしたイベントが大人気!?
早朝読書会×ドラッカー、通称「朝ドラ」をレポート!

1
nextpage

最近、読書会をはじめとして、本をテーマにしたイベントが人気を集めている。今回は、今年1月に発売されたP.F.ドラッカーの著作『決断の条件 マネジメント力を鍛える実践ケース50』を取り上げた早朝読書会、「朝ドラ」の様子をレポート。また、本にまつわるイベント事情や、その魅力についても探ってみたい。

自分の知らない本と出会いたい
朝の時間を有効活用したい

 平日の朝7時すぎ、東京・渋谷のビルの一角にあるカフェに、次々と人が集まってくる。毎回テーマに合わせた本を持ち寄って語り合う、「東京朝活読書会(エビカツ)」の参加者だ。この集まりを主宰しているのは、営業支援やソーシャルでの集客などを行うベンチャー企業を経営する小川晋平さん。

小川 毎週月曜日と偶数週の木曜日の朝、恵比寿のカフェに集まって、本のショートプレゼンをしています。今回は渋谷になりましたが、いつもは恵比寿の朝活なので、通称「エビカツ」(笑)。

 10~20人ほどの参加者のうち、2~3割が新規で、男女比は6:4くらい。毎回、その日の担当者が決めたテーマに合わせて、ひとり1冊おすすめの本を持ち寄る。テーブルごとに4~6人くらいずつに分かれて、まずプレゼンをし、その後意見を言い合うというもの。

小川 テーマは、たとえば「仕事や生活で実践したビジネス書」とか、もっと広いものだと「ふざけた本」とか。参加者のみなさんにアンケートをとると、「自分の知らない本と出会いたい」「朝の時間を有効に活用したい」、また「本を通して、気の合う仲間を見つけたい」という人が多いですね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
経済は地理から学べ!

経済は地理から学べ!

宮路 秀作 著

定価(税込):2017年2月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
地理から学ぶ、経済のしくみ。経済とは、土地と資源の奪い合いである。 地理を学ぶとは、地形や気候といった自然環境を学ぶだけではありません。農業や工業、交通・通信、人種・民族、宗教、言語、村落・都市、貿易にいたるまで、現代世界で目にするありとあらゆる分野を学びます。世界の本質を「地理」から学ぶ!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、2/12~2/18)


注目のトピックスPR


井上健太郎 [編集者]

1976年、東京生まれ。大学卒業後、単行本のプロデュース・編集を手がけるオフィス、ブルー・オレンジ・スタジアムに6年半勤務したのちフリーに。現在は、書籍、雑誌、ウェブ、広告、フリーペーパーなど、ジャンルを問わず日々編集&執筆中。これまで関わった書籍は、気づいたら100冊超え。2012年には、ステキ面白コンテンツカンパニー、リライトw(ダブリュー)を共同で設立。役職はCEO(最高編集責任者)。 http://contents.re-write.co.jp/


エディターズ・チョイス

ダイヤモンド社書籍オンライン編集部によるインタビューまたは厳選した特別寄稿。経済、産業、経営、社会問題など幅広いテーマを斬新な視点で紹介する。

「エディターズ・チョイス」

⇒バックナンバー一覧