ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

ナイキ中国のブランド戦略に学べ!
お金を払わずに有名人に自社商品を使ってもらう方法
――森部友彰・ナイキ 耐克体育(中国)有限公司 エンターテイメントマーケティング総監

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]
【第96回】 2013年3月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

世界的なスポーツブランドである「ナイキ」。同社と契約を結んだ様々な分野のトップアスリートがナイキ商品を使う姿を見て、ナイキへの憧れを抱いた人はきっと少なくないだろう。こうした世間一般に知られているマーケティング手法をナイキがとる一方、それとは少し異なる手法で「消費者からの憧れ」を作っている部門が存在する。それが、ナイキ中国の「エンターテインメントマーケティング」部門だ。この部門では、芸能人を中心とした社会に影響力のある有名人に、スポンサー契約なしでナイキの商品を使ってもらえるように働きかけを行い、それによってブランド価値を向上させている。中国人といえば、義理人情というより、商人気質が強い印象があるが、“スポンサー契約”という方法を使えないなかで、一体どのように中国の有名人をナイキの虜にしているのだろうか。ナイキ中国で、同部門の責任者を務める森部友彰氏に、その秘訣を聞いた。

スポンサー契約なしで
有名人にナイキを身につけてもらう

――森部さんの担当されている「エンターテインメントマーケティング」とは、一体何を行っている部門ですか?

森部友彰・ナイキ 耐克体育(中国)有限公司 エンターテインメントマーケティング総監

 我々のようなスポーツメーカーは、様々なスポーツ分野で活躍するアスリートのパフォーマンスをサポートすることを使命としています。そして、サッカー、野球、バスケットボールなど各分野のスポーツのトップアスリートと契約してナイキ商品を使ってもらい、消費者の中で「あこがれ」を作ることで、ナイキのシューズやアパレル商品を購入してもらうというのがビジネスモデルです。

 社内のマーケティング組織は、「サッカー」、「野球」、「バスケットボール」など各スポーツのカテゴリーごとに構成され、その中に広告、PR、デジタルマーケティングなどのファンクションが配置されています。

 しかしナイキには、スポーツの種目では括れないファッション性の高い商品もあります。我々エンターテインメントマーケティング部門は、そのようなスポーツカテゴリー以外の分野で、ナイキに対する消費者の憧れを創り、ブランド価値を高めていく役割を担っています。具体的には、テレビ、映画などマスメディアへの影響力のある、芸能人を中心としたエンターテインメント分野のインフルエンサー(影響力のある人)に、ナイキの商品を身につけてもらう「プロダクトプレイスメント」をすることで、ブランドの露出を高め、クチコミ(Buzz)を広めて、多くの方に「ナイキ=魅力的なブランド」だと思ってもらうためのブランディング戦略をしています。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]

1970年、神奈川県横須賀市生まれ。横浜国立大学大学院工学研究科修了、Tuck School of Business at Dartmouth MBA。Booz & Company, Accentureなどの経営コンサルティング会社、子供服アパレル大手のナルミヤ・インターナショナルを経て、中国にて起業。上海外安伊企業管理諮詞有限公司(Y&E Consulting)、(株)MA PARTNERSの創業経営者でもある。
⇒GML上海ホームページ執筆者へのメール


日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

世界経済の牽引役として注目を浴びる中国に進出する日本企業は、後を絶たない。だが、両国の間に横たわる「ビジネスの壁」は想像以上に厚い。今や「世界一シビアな経済大国」となった中国で日本企業が成功するためのノウハウを、現地コンサルタントが徹底指南する。

「日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男」

⇒バックナンバー一覧