タイ 2013年3月7日

タイに住む日本人のギモン
「他人の家に行ったとき、どこで靴を脱げばいいんですか?」タイ人経理部長ブンが在タイ日本人の質問に答える【ブンに訊け!】

バンコク発ビジネス・生活情報誌『DACO』編集部のタイ人経理部長、ブン(女性)が日タイの架け橋となるべく日本人からの質問に答えます。

読者からの相談:人の家に入るとき、靴はどこで脱ぐ?
 「相談」です。建物に入るときに、どこで靴やサンダルを脱ぐのか? タイ人はどうやって判断、決めているのでしょうか? 日本の場合は玄関で段差があり境目がはっきりしています。でもタイで迷ってしまうのはどこで脱いだら良いかです。たとえばマッサージ店などで見かけるのがサンダルが入り口の扉の前で脱いであるけど、さらに一段上がった建物に中にも脱いであって店の奥にも脱いであることが多くてどこで脱いだらいいのか? タイ人の家に行ったときも似たような状況があり困惑することがあります。1番最初で脱いでおけば問題ないのでしょうけど、タイ人はどう考えているのでしょうか? よろしくお願いします。
(相談とは別に)「危険な目にあった」体験談です。しばらく前のことです。21時頃、BTSプロポン駅からアソーク方面へひとりで歩いていました。途中お店もなく、暗い場所があってそこに一人のオカマが立っていました。足早に通り過ぎようと思ったけど抱きついて来て、後ポケットに手を入れられました。幸い何も入れてなかったので被害にあいませんでした。オカマが二人だと力ではかなわないので、それ以降、暗がりは歩かないように、モーターサイタクシーかタクシーを使うようにしています。(ナッチャン)


【ブンからの回答】

家の入り口の外で履物を脱ぐ

 暗闇で突然、オカマに抱きつかれてよく無事でしたね。暗がりは歩かないとの判断、賢明だと思います。読者の皆さん、暗がりにオカマが立っていたら後ポケットの財布やケータイはバッグに忍ばせて踵を返しましょう。

 さて、ご相談の悩みごとです。タイも日本も家の中では履物を脱ぐ習慣がありますが、日本と違ってタイでは家の入り口の外で履物を脱ぐのが原則です。

 タイではその昔、みんな裸足で生活していました。住居は高床式で、階段の脇にある水瓶から水をすくって足を洗い、階段を上って家の中に入ったものです。今でも田舎に行くとそういう生活をしている人々がいます。外で履物を脱ぐのはその名残りだと思います。

 では現代の都市生活にどう対応させるか。

(1)一軒家の門を入ったら、まず家主の脱いだ履物がどこにあるか探し、そこで履物を脱ぎます。

(2)玄関の前がコンクリートやタイルできれいに掃除されていたら、そこは土足で上がらないこと。

(3)それでもわからなければとにかく手入れされた足の踏み場の手前で脱ぐこと。

(4)どこで脱いだらいいか家主に聞く。「こっちで脱ぎなさい」と声をかけてくれます。礼儀作法を心得ている人と思われます。

(5)クリニックやスパなど清潔さを売り物にしているところにはスリッパがあるでしょうから、そこで脱ぐこと。スリッパがないなら入り口の外で脱ぐこと。こんなところです。

 気を付けたいのは僧がいる堂や部屋。中は土足厳禁です。必ず外で脱いでくださいね。

このコラムを受け持っているブンの家の玄関。ほとんどの日本人は玄関の外に上がり框(かまち)があると思わないので、靴を履いたまま玄関のドアを開けて家の中に入ってしまう。ドアの中は玄関はなく、すぐに部屋だ【撮影/『DACO』編集部】

(文・撮影/『DACO』編集部)

 

 


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。