ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今、こんな旅がしてみたい!

【スリランカ】ヤーラ国立公園
ゾウやレパードがすぐそこに!
アジアでサファリができちゃうんです

「今、こんな旅がしてみたい!」編集部
【第1回】 2013年3月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
体長2.5~3mと小柄なゾウ
Photo by Kodai Matsuoka

滅多に出合えない
レパードがお目当て!

 サファリといえば、イメージするのはアフリカ。けれどもヤーラ国立公園なら、アフリカにも負けず劣らずの、大迫力のサファリツアーに参加することが可能だ。

 ヤーラ国立公園の朝は早い。早朝5時には4WD車に乗ってホテルを出発。公園のゲートが開いた瞬間、多いときで数十台の4WD車が一気に猛ダッシュする。目的は同じ、レパードに会いたいのだ。

子どものレパード。人間を見るとすぐ森に帰ってしまう
Photo by Kodai Matsuoka

 レパードは、本場アフリカのサファリでも圧倒的に遭遇率が低いレアな存在で、熱心なサファリファンでも滅多に遭遇できない。それがここヤーラでは高い確率で会えてしまう。レパードは群れで行動しないため見つけにくいのだが、国立公園内に25~30頭と、ほかの場所に比べ密集度が高いのだ。

 ヤーラ国立公園が早朝からにぎやかなのは、レパードが夜行性だから。朝早く出発しないと見られないのだ。レパードに会うためには、朝早く出発することとともに、敏腕ガイドを雇うことも重要だ。レパードが出現しやすい場所を熟知し、一般人は気付かないような足跡を見つける必要があるからだ。できるだけ経験豊富なガイドに依頼するようにしよう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


今、こんな旅がしてみたい!

長年にわたって、旅する魅力を伝えつづけている『地球の歩き方』が、すべての海外旅行ファンに向け、毎年1回、12月に発行している「旅先選び」のための雑誌が、「今、こんな旅がしてみたい!」です。特にこの「地球の歩き方」の旅30は、「来年行くべきエリア」を世界中から「30ヵ所」セレクトしています。漠然とした「行きたいところ」はあるのだけれど、それがどこか分からない、という悩みを抱えている旅人の皆さんに、最新の2013年版の中から毎回1ヵ所をピックアップして、ご紹介していきます。

 

「今、こんな旅がしてみたい!」

⇒バックナンバー一覧