ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

同時多発テロ時のパターンに酷似
6~7月に正念場迎える株価動向

2009年6月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 暴落に襲われた株式市場にも、一服感が漂っている。VIX指数など市場の変動リスクを表す指標は、リーマンショック直前のレベルにまで下がってきた。

 ただし、このところ上値の重さも目立ってきている。円高の進展なども、圧迫要因の1つだ。そこで、過去の暴落時の日経平均株価と為替のドル円レートの動きを合わせて比較してみたい。

暴落後の値動きパターン

 上のグラフを見ていただきたい。1965年以降の10の「暴落」について、暴落した週の日経平均の安値を100として、その前後の動きを比較したものである。

 今回は、下げの大きさに対して戻り率の鈍さが際立つが、下落率とその後の反発力の大きさは必ずしも一致していないことがわかる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧