ラオス 2013年3月11日

1つのお店でラオス・キープはもちろん、タイ・バーツも米ドルも流通!
商品によって支払い通貨が違う、ラオスのお金の話

約8カ月のバックパッカー旅行後、2002年からラオスに住み、旅行会社を経てコーディネーターになった森記者が、ラオスで流通している通貨についてレポートします。

日常的に2~3種類の通貨が財布に

 ラオスでは、様々な通貨が出回っている。まず、自国通貨であるキープ(LAK)。次に隣国タイのバーツ(THB)。そして、世界通貨の米ドル(USD)。これらがほとんどの場所で両替せずそのまま使用できる。

 だから、ラオス人(と在住外国人)は、日常的に2~3種類の通貨を財布に収めている。バーツ表示をされたからといって、キープで支払うことも可能だが、店側が決めたレートなので分が悪い。また、いちいちレート計算をするのは面倒でもある。だから、どの通貨で払うことになっても良いように財布にしまい込んでおくのである。

 1997年のタイ・バーツ危機で巻き添えを食って下落したキープは、現在は1ドル=7900キープほどで安定しているが、今でも信用度が低いのか、近隣国ですら両替することができない。

 キープは、ラオス国内でしか通用しない通貨である上に、追い打ちをかけるように外国通貨がそのまま国内で流通している。これでは困ったものだと、ラオス政府も「ラオスを愛するならキープを使おう」キャンペーンを実施したものの、強制するまでには至っていない(ただし、レストランの価格表示は、ほとんどキープに統一された)。それは、役人も生活上不便になって困るからなのだと思う。

 市場に行くと、面白い現象に出くわす。商品によって表示される(交渉制なので口頭で)通貨が違うのだ。これは、輸入されている国の通貨でそのまま計算するのが売り手にとって便利だからなのだろう。

こじんまりとしているが、これがラオス中央銀行【撮影/『テイスト・オブ・ラオス』】
空港入り口のビルボードに掲げられた「愛国ならキープ使おう」キャンペーン【撮影/『テイスト・オブ・ラオス』】
ラオスの通貨キープ。ラオス数字と西洋数字が並ぶ【撮影/『テイスト・オブ・ラオス』】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。