タイ 2013年3月14日

タイに住む日本人が質問
「郵便物の関税が高くてびっくり! 税金払わなかったら没収される?」タイ人経理部長ブンが在タイ日本人の質問に答える【ブンに訊け!】

バンコク発ビジネス・生活情報誌『DACO』編集部のタイ人経理部長、ブン(女性)が日タイの架け橋となるべく日本人からの質問に答えます。

読者からの相談:郵便物の関税について
 いつも楽しく『DACO』読ませていただいております。ワンデートリップも参考にさせていただきながら日帰り旅行を楽しんでいます。
 さて、「ブンに訊け!」への相談というか、わかったらうれしいな。と思うことがあります。郵便物の税金についてです。ある方は日本からスーツが届いたときに700バーツ(約2300円)も税金をとられていました。またある方は、カメラが日本から届いたときに4000バーツ(約1万3000円)もとられたそうです。こっちで買った方がよかったと言っています。
 税金を払わなかったら没収されてしまうのでしょうか? 日本から送るときにわからないものなのでしょうか? 詳しく知ることができたらうれしいです。これからも『DACO』楽しみにしています。(シバさん)


【ブンからの回答】

関税の算出方法

 フアラムポーン郵便局内の税関員ビーさんに聞いてみました。

 関税は小包を送るときに小包ラベルに記入する価格と郵便代の合計金額がバーツ換算で1000バーツ(約3200円)以上する場合に課せられます。さらに関税を含めた料金のVAT(付加価値税7%)も加算されます。

 関税率はどの国でも品目によって(さらにはその原料によっても)細かく具体的に定められています。品目ごとの詳しい関税率はタイ税関のウェブサイトで。http://igtf.customs.go.th/
英語表示もあります。

 送られてきたカメラの小包ラベル上の価格がバーツ換算で9000バーツ、小包郵送料金が1000バーツだったとします。一般的なカメラの関税は40%なので。1万バーツに対して課せられる関税は4000バーツ。加えてVATは1万バーツ+4000バーツ→1万4000バーツ分の7%にあたる980バーツ。引き取り時に支払う金額は関税4000バーツとVAT980バーツの計4980バーツです。

価格を低く申請すると

 ラベルに記入する価格を安くすれば関税も安くできると思うかもしれませんが、本当の価格(または価値)より安く申請したことが疑われるとフアラムポーンかラクシーの郵便局内税関へ呼び出され、あなたが送ったものでないにしても説明を求められます。

 壊れているから、古いものだからと交渉して税関員を説得できれば、差出人がラベルに記入した価格に郵便料金を加えた40%とVATを払うだけですが、税関員を納得させられなければ追加料金が徴収されます。

海外小包の流れ

 小包には通常郵便小包とEMS(国際スピード郵便)がありますが、前者はフアラムポーン郵便局内の税関へ。後者はラクシー郵便局の税関へと運ばれます。差出人が記載した価格が適正と判断されれば、前述したような方法で関税が計算され、受取人の最寄の郵便局へ配達され、そこで受け取り人に手紙で通知があります。関税を払わなければ、その郵便物は没収になります。

 しかしながらすべての小包に税金がかかるわけではありません。すべての小包ラベルの価格が疑われるわけでもありません。すべてはあなたの運と税関員の御心しだいです。

 (日本の)差出人が小包ラベルに記入する価格は重要です。

異国情緒あふれる日本の切手はタイ人に人気。手紙や小包が日本から届くと、箱ごと、封筒ごともってゆきます【撮影/『DACO』編集部】

(文・撮影/『DACO』編集部)

 

 


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。