労務問題は一挙に“緊急課題”になる!

クロスヴィジョンインターナショナル

労務問題は一挙に“緊急課題”になる!

著者・コラム紹介
previous page
3

評価と処遇の一致

――事業主が緊急に取り組むべきことはなんですか。

 まずは、労使紛争は現出すると一挙に“緊急重要課題”になるという認識を持つことです。「資金繰りが先」と、職場で燻っている問題への対応を後回しにしたり、「時間が経てば解決するだろう」などと安易に考えたりするのが最も危険です。社長自らが経営リスクを拡大しているようなものです。転ばぬ先の杖です。

山岡正義/パートナーコンサルタンツ代表
兵庫県神戸市生まれ。大学卒業後、およそ30年間、商工会議所において経営指導員として活動。この間、約1万人の経営者と交流し、「経営は人である」と悟る。退職後、パートナーコンサルタンツを設立。その経験を生かして、経営を「人」の視点で読み解く経営を提唱し、コンサルティング、各種講習講演活動で全国各地を飛び回っている。

 何よりも「人は資産」という理念を確認し、問題があるならば話し合って解決する誠実な姿勢を貫かなくてはなりません。つまり、経営者の経営倫理の問題なのです。人が生き生きとして働き、労働者が相乗的に成果を生み出す、いわば掛け算が機能する組織こそが、収益の極大化という事業本来の目標への原動力になるのです。

経営的に未熟で労務の課題があるものの、なぜか問題が深刻化したり現出したりしない企業があります。それはなぜなのか。その秘密を解くキーワードは、「組織内コミュニケーション」です。決して、リスク管理型の規程の整備だけではないのです。

 現場の管理者には経営トップと共に労務問題を学んでもらう一方、部下の話を聞いたり様子を丹念に見るように求めます。具体的には、就業規則をこまめに改定して労働条件や環境を改善したり、「労使協議会」「労使懇談会」などを設置したりして、労務だけでなく経営方針、福利厚生など自由なテーマで意見を交わせる場を設けるべきでしょう。

 労使紛争は、従業員が10人以下の小規模事業所では、比較的起きていません。なぜなら、経営者の目が行き届き、評価と処遇が一致しているからです。処遇ができない時はねぎらいがあるからです。労使が一つになって顧客に尽くしているからです。また、創業から100年以上の長寿企業は日本に5万社ありますが、その半分は従業員10人以下の企業です。この事実が何を物語っているかについて、経営者は今一度よく考える必要があるのではないでしょうか。

資料ダウンロードのご案内

【労務課題の解決】に役立つ
就業管理システム【AttendancePro】
給与計算システム【PayrollPro】

【事例1】労働基準監督署の是正勧告の解決フロー
【事例2】複雑な就業管理システムの構築
【勤務時間】勤務場所えお問わない正確な時間管理
【スケジュール管理】多種多用な勤務形態の管理
【コスト削減】残業時間削減も含めたコスト管理
【法令遵守】労働法・社会保険を遵守した迅速処理
【アウトソーシング】給与・残業手当・社会保険等を一括管理
人事・経理の業務負荷プレッシャーを大幅に削減するカスタマイズソリューション

ダイヤモンド・オンライン
登録済(会員)の方は
こちらからお進みください

ログインで一部項目の登録が省略できます
※情報の修正や追加を行った場合は登録内容が更新されます。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、株式会社クロスヴィジョンインターナショナル(同社のプライバシーポリシーはこちら)に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。
ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら
previous page
3

[PR]

DOLトップへ
お問い合わせ先

㈱クロスヴィジョンインターナショナル

〒107-0052

東京都港区赤坂7-10-20

アカサカセブンスアヴェニュービル7F

TEL:03-3586-1548

■会社紹介
プロフェッショナルスタッフとクラウドアプリケーションの組み合わせで人事・労務のサービス・ソリューションを提供。数百社を超える企業の業務プロセス改善・向上サポートの実績を持つ。
 クラウドアプリケーションとしての就業管理、給与計算、人事・申請システムやビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)としての給与計算業務、社会保険業務、更に人事コンサルティングまで充実の機能と高い信頼性を両立したトータルソリューションで費用対効果を最大化。バイリンガル対応など、グローバル企業の複雑化するニーズへの柔軟な対応も定評がある。

http://www.cvi.co.jp/