ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマート・ウーマン スマート・リーダー

フェイスブックCOOのシェリル・サンドバーグが新著で語る5つのマインドチェンジ

林 正愛 [アマプロ株式会社社長]
【第9回】 2013年3月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
4

その5 完璧を目指すよりもとにかくやり遂げること

 女性を取り巻く環境には、外的な障害ももちろんありますが、一方で、女性が自らかけている内的な障害もあります。36%の男性が上層部に昇進することを望むのに対して、それを望む女性は18%しかいません。女性の内的な障害を取り除くことから始める必要があるとサンドバーグは言います。

 完璧を目指していても何も始まりません。思いたったら完璧でなくても行動してみる。想定外のことを受け入れること。驚きはよいことで、自分の気持ちはいつでも変えられます。完璧さを求めるのではなく、サステナブルなこと、実現可能なことを目指すことが大切です。

 タイトルの「Lean In」は直訳すると「傾いて入っていく」ですが、「積極的に関わっていく」という意味が込められているそうです。サンドバーグは女性の活躍を支援し、議論をしていくために、Leanin.orgというNPO(男女ともに参加可能)を設立し、この書籍の売上はそのNPOの運営に充てられるとのこと。

 賛否両論はあるものの、働き方が多様化し、特にITのような変化に激しい業界では、キャリアをジャングルジムと考え、手を挙げ、正直なリーダーであり続けることが必要で、それは女性だけでなく、すべての働く人にも当てはまるのではないかと感じたのでした。

previous page
4
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

林 正愛
[アマプロ株式会社社長]

りん・じょんえ/BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ、ファイナンシャルプランナー、英検1級、TOEIC955点。津田塾大学学芸学部国際関係学科卒業。British Airwaysに入社し、客室乗務員として成田―ロンドン間を乗務。その後中央経済社、日本経済新聞社にて、経営、経済関連の書籍の企画および編集を行う。2006年10月にアマプロ株式会社を設立。仕事を通じて培ってきたコミュニケーション力や編集力を活かして、企業の情報発信をサポートするために奔走している。
企業の経営層とのインタビューを数多くこなし、その数は100名以上に達する。その中からリーダーの行動変革に興味を持ち、アメリカでエグセクティブコーチングの第一人者で、GEやフォードなどの社長のコーチングを行ったマーシャル・ゴールドスミス氏にコーチングを学ぶ。現在は経営層のコーチングも行う。コミュニケーションのプロフェッショナルが集まった国際団体、IABC(International Association of Business Communicators) のジャパンチャプターの理事も務める。2012年4月から慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科で学んでいる。2児の母。

スマート・ウーマン スマート・リーダー

日本経済の屋台骨を支えてきた製造業が苦しむ中で、さまざまな技術革新が生まれ、グローバル競争の新たな舞台となっているIT業界。いまやあらゆるビジネスがITを抜きにしては、競争力が立ちいかないのが現状だ。男性のイメージが強いIT業界で、実は多くの女性たちが活躍している。IT業界やそれに関わる仕事をして活躍している女性たちに焦点を当てながら、新しい競争の時代のリーダー像を紹介していく。
 

「スマート・ウーマン スマート・リーダー」

⇒バックナンバー一覧