TIMレッド吉田の目指せ!不動産投資キング!
2013年3月25日公開(2017年1月30日更新)
バックナンバー
著者・コラム紹介

TIMレッド吉田の目指せ!不動産投資キング!

5人の子どもを持ち、不安定な芸人稼業への不安からアパート経営を目指すことを決意したTIMのレッド吉田さん。2011年に晴れて新築アパートオーナーとなったが、まだまだ分からないことばかり。不動産投資で成功するためのノウハウを、先輩大家さんたちから聞き出して実践していく企画。

TIMレッド吉田

銀行の評価が上がるのは、「さらにもう1棟買う」「繰り上げ返済」のどっち?
 vs 元銀行員大家さん(4)TIM レッド吉田さん vs 元銀行員大家 岡元公夫さん(4)

アパート完成から満1年、無事に満室経営を続けるレッド吉田さんの次なる目標は、ローンの金利を少しでも下げること! そんなレッドさんの願いを叶えるべく、今回の対談では、元銀行員で大家業の大先輩でもある岡元公夫さんをお招きし、「銀行との金利交渉のポイント」について話を伺っています。今回のその4回目。キャシュフロー改善と銀行評価を上げるためには、拡大戦略か? 繰り上げ返済か?

[参考記事]
●不動産投資用に借りている銀行融資、金利を少しでも下げるためにはどうしたらいいですか? 
●銀行への金利交渉、決算期の3月は避けるべし! vs 元銀行員大家さん(2)
●2つの銀行を天秤にかけてもいいですか?    vs 元銀行員大家さん(3)

----------------------------------------------------------------------

銀行の評価を上げるには繰り上げ返済すべき!?

レッド吉田さん(以下、レッド) キャッシュフローを改善するために、もうひとつ物件を増やすことも考えているんです。岡元さんは、それについてどう思いますか?

岡元公夫さん(以下、岡元) いいと思いますよ。本業で稼いで他の物件でも稼いで、トータルで見て財務状況が良くなれば、銀行からの評価はアップします。金融機関から見て、レッドさんの本業が芸能人ではなく賃貸業とみなされるようになれば、条件は大きく変わるはずです。

右:レッド吉田さん。1棟アパート購入から1年が経ち、そろそろ次の投資物件へ? それとも繰り上げ返済? と悩んでいる。 左:岡元公夫さん 元銀行員の大家さん。金融機関の融資事情などに詳しい。

レッド 繰り上げ返済はどうですか?

岡元 うーん。基本的にはおすすめしません。もう物件を増やさないなら話は別ですが、規模を大きくする場合は、その現金を次の物件の自己資金に回す方が効率的です。それに、金融機関は借金が少し減ることより、現金を手元に持っている方をプラスに評価するんです。

レッド そうなんですか。実は僕、デットクロス(ローンの支払いが進むと訪れる「経費にならない元金返済の割合が増え、建物の減価償却が少なくなることで、一時的にキャッシュフローがマイナスになる時期」のこと。このせいで「黒字倒産」する大家も多い)が怖いんです。それを回避するという理由でも、繰り上げ返済はやめた方がいいでしょうか?

岡元 そのアパートしか収入源がないなら、もちろん対策は必要です。でも、デットクロスが起きても他の仕事で補てんできるなら、それだけのために手元の現金を減らす必要はないと思います。その時期だけ耐えれば、またキャッシュは回り始めますから。

レッド 僕、デットクロスを怖がりすぎていたのかもしれません。そうか。収入全体で考えて足りないところを補えば、問題はないですよね。ところで、安倍政権になってインフレターゲットが2%とかいわれていますけど、金利にはどんな影響があるんでしょうか? 僕は変動金利で借りているので、すごく気になります。

岡元 金利はこれ以上下がることはないので、今後は横ばい、もしくは上昇です。景気が上向いた形で物価や金利が上がるならいいんですが、景気が悪いまま物価も金利も上向くようだと困りますね。長期金利は国債の金利に連動しているので、国債が売れなくなればギリシャのようになる可能性も考えられます。

景気の変わり目はお金を増やすチャンスでもある

レッド ええ? ギリシャのニュースは他人事だと思っていました。

岡元 油断禁物ですよ。日本でも、定期預金に8%の利息がついて、ローンの金利が10%なんていう時代があったんですから。ただ、インフレで金利が上がると大家は大変といいますが、不動産の価値は上がって借金の価値は下がるので、広い視点で見ればプラスのことも多いんです。

レッド そうなんですか? でも、やっぱり金利は低い方がありがたいですよ。僕は変動金利なんですが、今のうちに固定金利に組み直すことも考えた方がいいでしょうか?

岡元 私自身は長期で借りているものはすべて固定金利です。多めに払う分は、保険だと思っています。

レッド さすが、慎重ですね。なんだかドキドキしてきました。金利が上がる前の兆候って何かありますか? 今のうちからできる対策があれば教えてください。

岡元 インフレのときは、燃料や食品は上がりやすいですね。でも、金利が上がるときは資産価値も上がりますし、安定的に経営していれば、すぐに困ることはないはずです。ただ、家賃はすぐには上げられないので、そのタイムラグに対応できる自己資金を持っていないと、危険です。

レッド ここでも現金ですか。現金を持っていると、色々な場面でリスクを回避しやすくなるんですね。

岡元 その通りです。フルローンで物件を買っていて手元に現金がないという人が意外と多いようですが、心配ですね。今後は、金利が1%上がっただけでアウトという例も増えてくると思いますよ。今のうちに、契約書の基準の金利をしっかりとみておくことをおすすめします。

レッド 怖いなあ。本当にギリシャのようになったら、どうしよう…。

岡元 心配ばかりしていても仕方ありません。景気の変わり目は世の中が大きく動くので資産を減らす人もいますが、冷静に行動すればお金を増やすチャンスでもあるんです。例えば、今後インフレになって金利も上がると考えるなら、借金を固定金利にしておけば、利息は上がって金利はそのままですから、儲かりますよ。

規模を拡大するつもりなら、早い段階で法人を作った方がいい

レッド でも、金利が上がったら、住宅ローンを借りている日本中の人が困るから、国はそんなことできないんじゃないですか?

岡元 いえいえ、フラット35などで借りている人には影響はありませんよ。インフレ率が高すぎるのは困りますが、2~3%なら、心地いいインフレになると思います。インフレになるとお金で持っているより使った方が得ですから、昔の人はよくお金を使いました。給料も上がるでしょうし、アパート投資をしようという人も増えるかもしれませんね。

レッド 景気がよくなれば、芸能界の仕事も増えますかね。

岡元 そうですね。企業もCMを打つでしょうし、大きなお金が動くでしょう。でも、世の中の大きな動きに振り回されてはいけません。大切なのは1歩1歩、自分の足元を固めることです。レッドさんの場合は、本業をがんばりながら満室経営を続けて、財務内容をよくしていくことが肝心です。

レッド わかりました。2013年はそのあたりを意識して、仕事もアパートもがんばりたいと思います。

岡元 信用を得るためには、法人化もひとつの選択ですよ。金融機関から見ると、芸能人という属性ではロジック上はNGだけど、法人なら貸せるということもありえますから。

レッド 法人は、近いうちに作りたいと思っていたんですが、タイミングがわからなくて。

岡元 税理士さんの中には、一定の年収額を法人化の目安にする人がいますが、私の意見は違います。1棟で終わるならそれでもいいですが、規模を大きくするつもりなら、早い段階で作るのがおすすめです。いい物件が出たけれど個人では買えないといった場合、そこから法人を作っていたら間に合いませんよね。

レッド 僕はそういう知識がないまま始めてしまったので、色々と反省することもあるんです。次は税金やキャッシュフローのこともきっちり考慮してやりたいですね。

岡元 最初から完璧な物件を買えた人はひとりもいません。ベテラン大家さんたちも、今ならあの物件は買わないって必ず言いますから。失敗しても致命傷にならなければいいんですよ。これからも相談にのりますから、がんばってくださいね。

レッド  ありがとうございます! 岡元さんにいい報告ができるように、S銀行との金利交渉もがんばります!

岡元さんに刺激を受けたレッドさんは、早速銀行に掛け合ったようです

編集部注:レッドさんはこの対談の後、S銀行との金利交渉をおこない、念願の金利ダウンに成功したそうです。

(構成/加藤浩子 撮影/土井一秀)

 

 ◆住宅ローン金利ランキング[借り換え] ⇒ 新規借入はこちら
住宅ローン「実質金利」ランキング(35年固定)一覧!
住宅ローン実質金利ランキング(リフォーム一括)一覧!
住宅ローン「実質金利」ランキング(10年固定)一覧!
住宅ローン借り換え術はこちら!
住宅ローン「実質金利」ランキング(5年固定)!
新規借入れ住宅ローン「実質金利」ランキング(35年固定)一覧!
住宅ローン「実質金利」ランキング(変動金利)
住宅ローンおすすめ比較トップページはこちら!
【2017年4月最新版】競争が激しく、0.5%前後の低金利!
◆「変動金利」住宅ローン金利ランキング(新規借入)
※借入金額3000万円、借り入れ期間35年(詳細な条件は表組の下に記載)
順位
銀行名 <商品名>
実質金利
(費用等含む)
表面金利
(費用等除く)
保証料
(税込)
事務手数料
(税込)
1位
◆楽天銀行 <変動金利(固定特約付き) 変動金利>
0.571%
0.507%
0円
32.4万円
【楽天銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
事務手数料は一律32万4000円と定額であるため、他行に比べて比較的割安だ。金利についても、最優遇金利が適用されればトップクラスの低さとなり、実質金利で見ても競争力が高い。注文住宅で必要となる「つなぎローン」も別途、用意している。
2位
◆住信SBIネット銀行 <通期引下げプラン 頭金20%以上 変動金利>
0.626%
0.497%
0円
借入額×2.16%
【住信SBIネット銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
三井住友信託銀行とSBIホールディングスが設立したネット銀行で、変動金利の低さではトップクラス。通常の団信に加えて、「8疾病保障」を無料で付帯しているので、おとくな商品と言える。女性には、がんと診断されると30万円が支給される保障も無料で付けている。住信SBIネット銀行には、「当初引き下げプラン」もあるが、変動金利を借りるなら「通期引下げプラン」を選ぼう。
【関連記事】[住信SBIネット銀行の住宅ローンの金利・手数料は?] 変動金利・固定金利ともに低い金利水準!保証料や繰上返済だけでなく、8疾病保障も無料
住信SBIネット銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら
2位
◆じぶん銀行 <全期間引下げプラン 変動金利>
0.626%
0.497%
0円
借入額×2.16%
【じぶん銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同で立ち上げたネット銀行。変動金利の競争力が高く、業界トップクラスの低金利となっている。がんと診断されると住宅ローン残高が半分になる「がん50%保障団信」が無料付帯。ネットだけで契約を完了でき、仮審査は最短即日回答、契約は最短10日とい短期間での契約が可能だ。
【関連記事】[じぶん銀行の住宅ローンの金利・手数料は?] 変動金利は業界トップクラスの低金利!がんになると住宅ローンが半減する団信が無料
じぶん銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら
2位
◆au住宅ローン <KDDI 全期間引下げプラン 変動金利>
0.626%
0.497%
0円
借入額×2.16%
【au住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
携帯電話のauユーザーが、じぶん銀行が提供する「au住宅ローン」を借りると、毎月500円分キャッシュバック(チャージ)されるという特典が付いている。特典は最大3万円分(5年間)受け取れる。じぶん銀行の住宅ローンは変動金利の競争力があり、トップクラスの低金利だ。また、がんと診断されると住宅ローン残高が50%になる疾病保障「がん50%保障団信」が無料で付いているので安心感が高い。KDDIがじぶん銀行の代理店となり販売している。
じぶん銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら
2位
◆SBIマネープラザ <MR.住宅ローンREAL 頭金20%以上 変動金利>
0.626%
0.497%
0円
借入額×2.16%
SBIマネープラザの住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
SBIマネープラザは、証券、保険、住宅ローンなどを取り扱う、SBIグループのマネー相談プラ ザ。「MR.住宅ローンREAL」は住信SBIネット銀行の商品で、銀行代理店業者として販売する。変動金利は低金利で競争力があり、8疾病保障も無料で 付帯する。SBIマネープラザの支店で相談する、対面用の商品。
SBIマネープラザの住宅ローンの公式サイトはこちら
2位
◆アルヒ <MR.住宅ローンREAL 頭金20%以上 変動金利>
0.626%
0.497%
0円
借入額×2.16%
【アルヒ(ARUHI)の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
SBIモーゲージから社名変更した住宅ローン専門の金融機関。「MR.住宅ローンREAL」は住信SBIネット銀行の商品で、アルヒが住信SBIネット銀行の銀行代理業者として販売する。アルヒ直営店で相談できる、対面用の商品だ。変動金利は低金利で競争力があり、8疾病保障も無料で付帯する
7位
ソニー銀行 <変動セレクト 頭金10%以上 変動金利>
0.628%
0.499%
0円
借入額×2.16%
【ソニー銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
外貨預金などで有名なソニーグループの銀行。「変動セレクトローン」は変動金利向けの商品で、手数料は借入額の2.16%かかるものの、表面金利が低いので、実質金利でも競争力がある。新規借入で頭金が10%以上あれば、借り換えよりも低い金利が適用される。
【関連記事】[ソニー銀行の住宅ローンの金利・手数料は?]業界トップクラスの低金利や安い諸経費が人気!来店不要で迅速な対応が売りで、対面相談も可能!
ソニー銀行のお申し込みはこちら
8位
イオン銀行 <金利プラン(定率型) 変動金利>
0.699%
0.570%
0円
借入額×2.16%
【イオン銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
イオングループの銀行で、イオンでの買い物が5年間、5%オフになる(買い物額で年間90万円まで)ので、合計で最大22.5万円分のメリットがある。また、売買契約金額・工事請負契約金額の105%まで借りられるので、諸経費や中古住宅のリフォーム費用も住宅ローンと一緒に、低い金利で借りられる。セカンドハウスローンも用意している。
【関連記事】イオン銀行の「買い物5%オフ」特典が本当にお得か検証してみたら、10年固定金利なら総支払額がもっとも安かった!
【関連記事】[イオン銀行の住宅ローンの金利・手数料は?] ネット銀行並みの低金利が魅力!8大疾病に2つのガンを追加できる充実の保障特約も
イオン銀行の住宅ローンのの公式サイトはこちら

住宅ローンおすすめ比較

【イオン銀行の住宅ローン】
契約後5年間イオンの買い物が5%オフ、定期
預金の金利優遇など特典多数!⇒
関連記事はこちら

イオン銀行の住宅ローン公式サイトはこちら!

auユーザーはセット割で実質金利が下がる
「じぶん銀行」がお得関連記事はこちら

「じぶん銀行」の住宅ローンはこちら

 

Special topics pr

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

株主優待カタログ
長期で狙う超成長株
1億円投資家の必勝法

6月号4月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【下落相場に強い優待株や成長株が満載】
・全掲載!株主優待完全カタログ
6大人気優待株の高利回りベスト18
初値2倍ほぼ日は買いか売りか!?
・10年続くテーマ!「超」成長株
IoT人工知能、物流関連の注目株
最強の投資信託に学ぶ日本株入門
1億円投資家の「これだけ必勝法
・小売り株、増配株、底値株で勝つ
個人型確定拠出年金の販社ベスト5
・3大トレンドで選ぶ今買い投資信託
・「超低コスト投資信託の最新情報
トランプ相場後正しい儲け方
格安スマホ会社別の通信料を大比較
桐谷さん株主優待勝つ5つのワザ

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!