ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
岸博幸のクリエイティブ国富論

福田首相が遺した「与党政治家の安心実現のための緊急選挙対策」

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]
【第5回】 2008年9月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 本連載の第3回では与謝野大臣のトンデモ発言を題材にしましたが、先週の8月29日に政府が原材料高などへの対応として「安心実現のための緊急総合対策」を発表しました。そこで、今回はそれらを題材に、政府がどこまでクリエイティブ産業などの新たな産業を後押しする気があるのかを考えてみましょう。

小さなバラマキ
大きなハリボテ

 まず、今回の緊急総合経済対策は全体としてどう評価すべきでしょうか。個人的には幾つかの大事なポイントがあると思っています。

 第一に、メディアでも言われているように「バラマキ」政策であることは間違いありません。農業や輸送などの特定業界が原理原則なしに裁量的にピックアップされ、そこにカネがばらまかれているからです。

 ただ、そもそも民主主義の下ではバラマキは必要悪として常に生じる(その意味で小泉政権は特異な存在だった)ことを考えると、今年末に定額減税の規模が決まらないと最終的な判断はできませんが、国費1.8兆円という数字は、最小限のバラマキにとどめた点では評価できるのではないでしょうか。

 ちなみに、民主党も「バラマキだ」と批判していますが、彼ら自身がもっとすごいバラマキ策を主張していることを考えると、悪い冗談としか思えません。昨年の参院選以来の与野党のバラマキ競争のきっかけが民主党にあることを考えると、民主党こそ批判する前に深く反省すべきです。

 第二に、対策全体を貫く哲学がないということです。原材料価格の高騰への対応が主眼のはずなのに、何故か年金・医療・介護や子育てといった政策まで含まれており、「政策のごった煮」的な印象は免れません。その結果、総論部分はほとんど意味不明な出来の悪い作文になっています。ある有名経済学者がプライベートな場で「これは “与党政治家の安心実現のための緊急選挙対策”だ」と酷評していましたが、的を射ているのではないでしょうか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]

1986年通商産業省(現経済産業省)入省。1992年コロンビア大学ビジネススクールでMBAを取得後、通産省に復職。内閣官房IT担当室などを経て竹中平蔵大臣の秘書官に就任。不良債権処理、郵政民営化、通信・放送改革など構造改革の立案・実行に関わる。2004年から慶応大学助教授を兼任。2006年、経産省退職。2007年から現職。現在はエイベックス・マーケティング株式会社取締役、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社顧問も務める。

 


岸博幸のクリエイティブ国富論

メディアや文化などソフトパワーを総称する「クリエイティブ産業」なる新概念が注目を集めている。その正しい捉え方と実践法を経済政策の論客が説く。

「岸博幸のクリエイティブ国富論」

⇒バックナンバー一覧