ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

岩田規久男日銀副総裁への
三つの期待と心配

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第270回】 2013年4月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 注目の日本銀行首脳人事が先般決着した。黒田東彦氏の総裁就任もさることながら、岩田規久男氏の副総裁就任が注目される。岩田氏は、金融緩和政策の代表的な論客であるのと同時に過去の日銀を徹底的に批判してきた人でもある。

 できたら総裁にと思わぬでもなかったが、岩田氏が日銀の内部に入ることは画期的だと筆者は思う。ご活躍に大いに期待したい。

 まず、有効な金融緩和策を実行する上での議論の主導を期待する。日銀の金融政策は、金融政策決定会合の多数決で決まるのであり、総裁・副総裁の一存で決まるわけではない。正副総裁3人以外の委員は、「小出しの美学」、白川方明前総裁の政策におおむね賛成してきた人たちだ。一方で長いものには巻かれるだろうとは予想するものの、これまでの政策を不連続に変えることには抵抗感があろう。

 また、現在の政策は、すでに「期待への働きかけ」を通じて、円安と資産の上昇をもたらしており、効果が出始めている。これらは、経済活動全般を活性化する作用がある。ただし、これは、「日銀は少なくともインフレ率2%までは金融緩和策をやめない」という予想を市場参加者がどれだけ強く信じるかにかかっている。だからこそ、日銀の正副総裁人事がこれだけ注目されたのだ。これは、同時に、岩田副総裁が十分な存在感を発揮し続けること自体が金融政策の一部であるという側面を持つ。存在感に期待するというのは奇妙に聞こえるかもしれないが、マーケット関係者は実感を伴って理解していると思う。

 三つ目の期待は、岩田氏が日銀の「中」にあって、同行の意思決定と行動の仕組みや組織の問題点を、人間集団や文化のレベルを含めて解明し、可能な部分は、適切に再教育し修正することだ。

 将来、著作にまとめられることを期待したいが「岩田氏の目で中から見た日銀」は興味深い。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧