ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

グーグルを追い詰め、業界地図を激変させる?
「フェイスブックホーム」の知られざる脅威

瀧口範子 [ジャーナリスト]
【第240回】 2013年4月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 フェイスブックがアンドロイド用のアプリ、「フェイスブックホーム」の配布を間もなく開始する。

 フェイスブックホームは、アンドロイドOSのスマートフォンをフェイスブック利用優先型に変えるもの。たとえば、携帯電話を立ち上げると、友達のフィードがホーム画面に次々と出てきたり、他のアプリを利用していても、フェイスブックのチャットが表示されたりといった具合だ。

 その意味では、フェイスブックホームは通常の「アプリ」というよりは、アンドロイドのスマートフォンの機能を上書きしてしまうような強力なものと言っていいだろう。

 フェイスブックについては、数年前から「フェイスブックフォン」を発表するといううわさが絶えなかった。スマートフォンのハードウェアにフェイスブックのロゴなどがついていて、画面を立ち上げるとフェイスブックのホームページになり、そこから友達のフィードを見たり、フィードを書き込んだりするのが簡単にできるといったタイプのスマートフォンの登場がまことしやかに予測されていたのだ。

 ところが、蓋を開けてみると、「そうか、こういうやり方があったか」という手をフェイスブックは出してみせた。つまり、わざわざハードウェアを作らずとも、アプリだけでアンドロイドフォンをフェイスブックフォンに仕立て直すという手だ。

 フェイスブックは、フェイスブックホームを発表した場で、このしくみを説明した。それによると、アンドロイドOSを利用しながら、その上にフェイスブックの統合レイヤー(層)を重ねることで、フェイスブックのアプリとインターフェイスを優先して画面上で表示、利用できる。

 これは、アップルのiPhoneが利用するiOSと違って、オープンに改良を加えることのできるアンドロイドOSだからこそできたこと。アマゾンのタブレット、キンドルファイアもアンドロイドを自社製にカスタマイズするという方法をとっているが、このフェイスブックホームは自社製のハードウェアでなくとも、ユーザーの囲い込みができることを示唆している。わざわざフェイスブックのアプリを立ち上げなくていいのならば、ヘビーユーザーにとっては朗報だ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

瀧口範子 [ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。


ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧