ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
現役・三井不動産グループ社員が書いた!やっぱり「ダメマンション」を買ってはいけない
【第4回】 2013年4月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
藤沢 侑

ありえないような値引きマンションは存在します。そのわけは?

1
nextpage

中古マンションでもアウトレットマンションでもない新築マンションで3割引以上のバーゲンセールのマンションというのがあるのです。ネットを見てもチラシを見ても表面上ではそれはわかりません。しかし、ある法則と広告の見方を知れば、バーゲンマンションに出会える確率は格段に高まります。

「いくらでもいいから売れ!」と指示が出ることがある

 企業というのは常に市場から成長を求められています。その年度に好決算でも翌年度の決算の見込みが悪いと株価は急落したりすることもあります。マンション事業においては、竣工在庫の数字も決算発表時にするので、その数も気にします。利益は収益力、竣工在庫の数は営業力の現れとして評価されるからです。

 では「いくらでもいいから売れ!」という指示が出るのはどういう条件が揃ったときでしょうか?

条件1 その年の決算の見込みが計画よりもいいこと。
条件2 赤字の竣工在庫であること
条件3 その物件の残戸数が数戸であること

 条件1のような好決算の年度は、会社としては「利益が出過ぎる」状態なので赤玉=赤字物件を売って引き渡して数字を調整するのです。翌年の赤字要因を消しておくという狙いもそこにはあります。
 このような状態になったときに、条件2の赤字の竣工在庫を翌年度の決算への負担を無くすために「少しでも高く売る」よりも「安くていいからその年度に売ってしまえ!」となります。その時に、「いくらでもいいから売れ!」という指示が会社から営業現場にくるのです。
 また、営業マンの人数にも限りがあることから、販売現場の数も重要です。そもそも竣工在庫は管理も始まっているので管理費を毎月払わなければなりません。あと数戸でも在庫があって、そこに机やら、パソコンやら、電話やら、コピー機やらおいて営業マンを一人常駐させておくだけで、毎月数百万円が飛んで行きます。条件3の物件は優先的に「いくらでもいいから売りたい物件」となるのです。現場を減らせられますから。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
会社に入る前に知っておきたい これだけ経済学

会社に入る前に知っておきたい これだけ経済学

坪井 賢一 著

定価(税込):2017年2月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
元経済・ビジネス誌編集長が、社会人が知っておくべき最低限の経済学の知識を厳選!ミクロ、マクロ経済学の知識に加え、「知らないとヤバい10大経済ニュース」も紹介。これ一冊で、経済学の基本と仕事への応用、ニュースの見方、そして近代の経済史までわかる、社会人必読の経済学入門書です。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/19~3/25)



藤沢 侑

ペンネーム。本名は非公表。三井不動産グループに入社し分譲マンション事業に20年以上携わり、マーケット、営業、事業に精通する。2007年に『現役・三井不動産グループ社員が書いた!「ダメマンション」を買ってはいけない』(ダイヤモンド社)を出版。大きな話題を呼び、発売以降マンション購入ノウハウ本としては、ロングセラーを続けた。
これまで取材されたマスコミは、朝日新聞、プレジデント、週刊ダイヤモンド、週刊新潮、ニッポン放送他多数。プロフィール本文入る


現役・三井不動産グループ社員が書いた!やっぱり「ダメマンション」を買ってはいけない

不動産業界大手の三井不動産グループの現役社員である筆者が歯に衣着せず、新築マンション選びを売る側からすべて本音でさらけ出す今回の連載。
アベノミクスで本当に買い時がきているのか? 消費税の値上げ前に買ったほうがいいのか? 読者の疑問を解消します。是非マンションを買う前に読んでください。

「現役・三井不動産グループ社員が書いた!やっぱり「ダメマンション」を買ってはいけない」

⇒バックナンバー一覧