カンボジア 2013年4月11日

経済成長が後押しする大人の学習意欲
6割が「読み書き」不十分なカンボジア

朝日新聞のマニラ支局長などを経て2009年に単身カンボジアに移住、現地のフリーペーパー編集長を務めた木村文記者が、カンボジア農村部の識字率の問題についてレポートします。

識字率の低さと貧困の関係

 日常生活の中で、「読み書き、計算」が満足にできないことを想像してみて欲しい。買い物、料理から医療、契約まで、さまざまな不都合や危険が思い浮かぶだろう。

 カンボジアの農村で、読み書き、計算を使いこなせない「機能的非識字者」は6割にものぼる。

 カンボジア政府の国勢調査(2008年)によると、全国の「識字率」は約77%。これでさえ東南アジア10カ国の中ではラオスに次いで低いのだが、この数字は「読み書きができますか」という問いに対する自己申告なのだそうだ。2000年に国連のユネスコなどが識字率を客観的に調べたところ、カンボジアで読み書き、計算を使いこなせる人は約37%にとどまったという。

 日本のNGO「シャンティ国際ボランティア会(SVA)」(本部・東京都新宿区)は、今年から5年間、「図書館活動を中心としたコミュニティラーニングセンター事業」として、カンボジア中部コンポントム州など国内6ヵ所で大人のための識字教室の運営を支援している。

 SVAは、カンボジアの子供たちへの教育支援で長い経験を持つ「老舗」NGOの一つだが、大人に対する識字教育支援は初めての取り組みだ。内戦が終わり、経済成長を遂げるカンボジアには、就職にしても商売にしても、ビジネスチャンスがたくさんある。しかし、読み書き、計算ができないのではその機会を逃す。その口惜しさから、識字率の低さが貧困に結びついていることを人々が身に染みて知る場面が増えてきたこともあるのだろう。大人たちの学習意欲が、これまでにないほど高まっているのだという。

 SVAの事業地であるコンポントム州ニーペック・コミューンのドンチュック村を訪れた。

ドンチュック村の家。電気も水もないのがふつう。自動車用のバッテリーを電源としてテレビを見る家もある=コンポントム州で【撮影/木村文】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。