経営 X 人事
若手社員を辞めさせず成長させる 「適度なかまい方」マニュアル
【第4回】 2008年11月25日
著者・コラム紹介 バックナンバー
間杉俊彦 [ダイヤモンド社 人材開発編集部副部長]

若手はなぜ成長を急ぐのか?
「会社」よりも「自分の能力」を重視する理由

――若手が3年以内に辞める理由その(2):希望が見えない時代に育った20代の心理背景

 「私たちの世代は、世の中が良くなるとか、経済が成長し続けるとはあんまり思っていないんです」という、新人ナカムラ。バブル崩壊後に育った世代の世界観は、私たち上司世代とは決定的に違っている。

 今回は、20代の若手社員たちがどのような時代の中で育ってきたのかを検証してみたい。それによって、なぜ若手が「成長実感」を強く求めるのか、そして、なぜ早々と会社に見切りをつけるのか。その理由の一端が見えてくる。それは、とりもなおさず「適度なかまい方」のための前提でもある。

バブル崩壊の年
新入社員は小学校1年生だった

 突然ですが、40代の読者諸賢は、小さいころにどんな未来を思い描いていたでしょうか。 高度経済成長は終盤に差し掛かっていたとはいえ、1970年の万博、アポロの月面着陸など、明るい未来を感じさせるビッグ・イベントが目白押しだった少年時代。遥かな未来と思っていた21世紀になってみると、まさかというような冴えない時代。「未来って、こんなにしょぼいもんだっけ?」と感じている方も多いのではないでしょうか。

 一方、いまの若手たちは、幼いころにどんな未来を思い描いていたのか――。

 「ものごころついてから、ずっと暗いことばかりなんです」と新人ナカムラは言います。話しを聞いてみると、彼(女)たちの就労観、3年以内に会社を辞めてしまう諦めの良さ(?)も、育ってきた時代の影響がきわめて大きいことがわかってきます。今回は、そのことを検証してみたいと思います。

 まずは下の年表を見てください。新人ナカムラが生まれてからこれまでに起こった事柄をまとめた年表です。これに上司である私の社会人歴を並べてみました。私がダイヤモンド社に入社した年、新人ナカムラは2歳でした。 

◎今年の新入社員は「バブル崩壊」の年に小学校に入学した

経営 X 人事 特集TOPに戻る

 

 

間杉俊彦 [ダイヤモンド社 人材開発編集部副部長]

1961年、東京都生まれ。1986年 、早稲田大学第一文学部文芸専修卒業、ダイヤモンド社入社。週刊ダイヤモンド編集部に配属され、以後、記者として流通、家電、化学・医薬品、運輸サービスなどの各業界を担当。2000年 週刊ダイヤモンド副編集長。2006年 人材開発編集部副部長。著書に『だから若手が辞めていく』(ダイヤモンド社刊)

 


若手社員を辞めさせず成長させる 「適度なかまい方」マニュアル

若手社員はなぜすぐに辞めてしまうのか――。放置プレー上司が多い中、早期離職を防ぐためには、若手を「“適度に”かまう」ことが大切。部下を辞めさせることなく成長させる人材マネジメントのノウハウを伝授する。

「若手社員を辞めさせず成長させる 「適度なかまい方」マニュアル」

⇒バックナンバー一覧