ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
数字で会社を読む

【東京海上ホールディングス】
規模では業界2位に転落も
相次ぐ海外買収で盟主に君臨

週刊ダイヤモンド編集部
【第115回】 2013年5月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

規模では業界2位に転落した損害保険業界の雄、東京海上ホールディングスだが、時価総額は依然として断トツ。その背景には二つの要因があった。

 長らく名実共に損害保険業界のトップに君臨してきた東京海上ホールディングス。

 その東京海上が売上高に相当する正味収入保険料で、他損保の後塵を拝する事態に陥ったのは2010年度のこと。三井住友海上グループホールディングスとあいおい損害保険、ニッセイ同和損害保険の3社が経営統合したからだ(現MS&ADインシュアランスグループホールディングス)。

 その後も東京海上は正味収入保険料で2位の座に甘んじており、12年度4~12月期累計ではついに、純利益でもMS&ADに追い抜かれてしまった(図1)。

 では東京海上はもう業界の“盟主”ではなくなってしまったのか。いや、決してそうとはいえない。それは、企業価値を表す時価総額を見れば明らかだ。

 13年4月9日時点の時価総額は東京海上が2兆2554億円、一方のMS&ADは1兆4749億円と東京海上の約3分の2。ちなみに、損保ジャパンと日本興亜損害保険が経営統合してできたNKSJホールディングスは9133億円と、差は歴然。この差は何なのか。理由は、大きく二つある。

 一つ目は、東京海上の海外保険事業の成長力だ。国内損保事業は自動車保険が過半を占めるが、収支はよくてトントン、大半が赤字だ。しかも若者の自動車離れなどから成長は見込めず、グローバル展開が急務となっている。その中でここ数年、相次いで海外の保険会社を買収し、成功を収めているのが東京海上なのだ。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


数字で会社を読む

週刊ダイヤモンドで好評連載中の「数字で会社を読む」。各業界・企業を担当する第一線の記者が、ポイントを絞った財務分析で企業・産業に切り込みます。

「数字で会社を読む」

⇒バックナンバー一覧