カンボジア 2013年4月23日

カンボジアの2013年経済成長率は7.2%
アジア開銀「しかし成長を阻むのは…」

朝日新聞のマニラ支局長などを経て2009年に単身カンボジアに移住、現地のフリーペーパー編集長を務めた木村文記者が、カンボジアの経済成長を阻む問題点についてレポートします。

サービスセクターと製造業が経済成長を牽引

 アジア開発銀行(ADB、本部マニラ)は4月9日、「アジア経済見通し2013」を発表し、カンボジアの2013年の経済成長率を7.2%と予測した。2012年の経済成長率も7.2%と推定され、横ばいだが、14年には7.5%の成長率が見込めると予測。カンボジアの経済が引き続き堅調に成長し続けているとの見方を示した。

 カンボジアの経済成長率は、2008年には6.7%だったが、世界同時不況に見舞われた2009年には0.1%に落ち込んだ。だが回復は早く、2010年には6.0%、2011年には7.1%と上昇し、前述のように2012年以降も上昇傾向にある。

 「経済見通し」によると、カンボジアの経済成長を牽引するのは、観光業を中心としたサービスセクターと、縫製業以外の分野にも広がりつつある製造業だ。

 サービスセクターは2012年に前年比8%の伸び率を示した。なかでも観光業の成長ぶりが目立つ。2012年にカンボジアを訪れた外国人客は前年比24.4%増の360万人。それに伴い、旅行消費も前年比15.6%増で22億ドルにまで伸びた。サービスセクターは2013年も引き続7%の順調な伸びをみせると予測され、観光業の成長に伴い、交通、通信といった分野の発展も期待されている。

 また、ADBは2013年の製造業の伸び率を、2012年の9%を上回る10.5%と見ている。主要輸出品である縫製品や靴の需要が欧米で堅調であることや、付加価値の高い縫製品の製造が始まっていることに加え、自動車部品や農業製品加工など、縫製業以外の分野への外国直接投資が伸びる見込みを指摘した。

日系企業の進出が相次ぐプノンペン経済特別区の入り口。日本の投資は、雇用を創出する製造業が多く、カンボジア政府にも歓迎されている=プノンペン市内で【撮影/木村文】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。