ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジトレwatch

保護フィルム、専用ケース…、iPhoneはアクセサリーが熱い!

【第13回】 2008年8月11日
著者・コラム紹介バックナンバー

 久々に「行列のできるデジモノ」となったiPhone 3G。

 私事で恐縮だが、筆者には発売前から気になっている、些細だが本人にとってはけっこう重要な問題があった。iPhoneといえば、言うまでもなく直接画面にタッチするスタイルだが、これがどうも……。使いこなせば使いこなすほど、四六時中、画面が指紋や皮脂で汚れているという事態にはなりはしないか!? クリーニング用のパッドも付属しているというが、しょっちゅう画面を拭いているのも、どう考えても、あまりスマートじゃない。となると、画面に保護用フィルムを貼るというのが一番賢いか……。

 こういう発想は、筆者だけではあるまい。概して清潔好きの日本人、ニーズはきっと小さくないはず。そう考え、ちょっと検索してみたら……。やっぱり!

(上)パワーサポート「アンチグレアフィルム」(下)フォーカルポイントコンピュータ「Action Jacket for iPhone」

 アップル社公式サイト内のストアの「iPhoneアクセサリー」のコーナーでは、パワーサポート社が発売した保護用フィルムの光沢あるなしの2種類を販売している。いずれも液晶保護の役割も果たし、光沢のない「アンチグレアフィルム」には、映り込み防止処理も施されている。そして、当然のことながら、同社のもの以外にも複数のサードパーティーが同様の商品を発表している。

 さらには、iPhone関連アクセサリーは、フィルムだけに限らない。ヘッドセット、専用ケースなどなど、ちょっとした百花繚乱状態だ。専用ケースの中には、アームバンドタイプ「Action Jacket for iPhone」(フォーカルポイントコンピュータ)や、タッチペンを装着できるタイプ(レイ・アウト「RT-P1C1」シリーズ)など、ユニークな商品も少なくない。

 iPhoneをいち早く手に入れたデジモノ好きのトレンドキャッチャーたちにとっては、「次は、アクセサリーで差をつける」ということだろう。

関連商品市場、盛り上がりの背景にあるのはユーザーの「使いこなし」ニーズか?

 iPhoneは、既に発売前の段階からサードパーティーによるアクセサリーを含む関連商品の発売が相次いでいるのが、ひとつの特徴だ。

 その背景には、ユーザーの「長く使いたい」というニーズがあるように思える。

 iPhoneを選択したユーザーは、従来の携帯電話のように季節ごとに投入される新モデルに次々と買い換えていくのではなく、アクセサリー使用を含め「使いこなし方」を競う傾向にあるという想定が、関連商品市場の盛り上がりの前提となっているのではないだろうか。

 さらに、日本においては、ストラップや「デコ電」など「ケイタイを飾る」風潮が幅広い層に定着している。となると、関連アクセサリー市場は、アメリカ本国より、日本のほうが、有望かもしれない。

 ともあれ、この市場の盛り上がりは、しばらく続きそうな気配。

 iPhoneをいち早く手に入れた人もいる一方で、筆者のように様子見をきめこんでいる人も多数いるはずだが、さまざまなアクセサリーを見ていると……。うーむ、正直いって、ちょっと気持ちが動きます。

(梅村千恵)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


デジトレwatch

ネット・携帯、デジタル家電・グッズ、ゲーム、新サービス…etc.。日常のあらゆるシーンで気になるIT・デジタル系の最新トレンドを紹介していく情報コラム。

「デジトレwatch」

⇒バックナンバー一覧