創続総合研究所
会社にお金を残す節税対策
【第12回】 2007年12月20日
著者・コラム紹介 バックナンバー
高橋敏則 [公認会計士、税理士]

税務調査前は、見られたら都合悪いものを整理

 前回、抜き打ち調査について説明しましたが、まあ、大半の税務調査はちゃんと事前に通知してくれます。日程は顧問の税理士さんと、社長さんの都合が両方つく日程のうちで、できるだけ遅くしてもらいましょう。

調査はできるだけ先送り

 来週よりは再来週、再来週よりはさらにもう1週先、という具合です。

 顧問の税理士さんには、必ず立ち会ってもらうようにしましょう。

 税理士さんは普通、何度も調査の立会いをした経験があるので、いてくれるだけで心強いものです。日程の調整がついたら、調査の前に税務署に対して確認しておかないといけないポイントがあります。

(1)来訪時間
(2)調査日数
(3)調査対象期間
(4)事前に準備しておく必要のある書類
(5)調査項目
(6)調査の理由

 だいたい、このくらいでしょうか。こうしたことを、できるかぎり事前に聞いておくことです。

 さて、時間の余裕を十分に取ったら、次にやるのは事前準備です。まず、次のものがちゃんと揃ってるかどうか、確認してください。

(1)定款
(2)株主総会議事録
(3)取締役会議事録

 この3つです。これは中身をちゃんと確認しておくこと。

 特に、役員報酬の支給限度額は定款等で定めなければならない項目です。もし、この定款等で定めた限度額以上の額を支払っていたら、限度額以上のお金は問答無用で損金不算入にされちゃいます。

  • 1
  • 2

創続総合研究所 特集TOPに戻る

SPECIAL TOPICS

高橋敏則 [公認会計士、税理士]

1956年、千葉県生まれ。中央大学商学部卒業。79年、公認会計士二次試験合格後、外資系会計事務所、監査法人を経て独立し、高橋会計事務所を開設、現在に至る。中小企業の経理・財務・税務の指導を行うほか、相続税コンサルティングに従事。各種セミナーの講師としても活躍中。

 


会社にお金を残す節税対策

税理士まかせじゃ節税できない。稼いだカネは自分で守れ!この方法なら、税金はまだまだ減らせる!課税売上高が引き下げられた消費税対策にも完全対応。

「会社にお金を残す節税対策」

⇒バックナンバー一覧