ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

コンテンツビジネスの最先端を走り続ける
プライムワークス社長 池田昌史

週刊ダイヤモンド編集部
【第37回】 2008年7月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
プライムワークス社長 池田昌史
プライムワークス社長 池田昌史

 20年前には聞かれなかったが、今日では頻繁に耳にする単語の一つが「コンテンツ」。池田昌史はコンテンツという言葉が世に定着していくシーンで常に最先端にいた業界の有名人だ。

 池田のコンテンツという概念の源は、学生時代のロックバンドや、オーケストラなど音楽活動だという。音楽の主役は楽器でも会場でもなく、演奏家であり、楽曲であるという当然のことが刷り込まれたからだ。

 社会人の出発点は、母校慶應義塾大学の近所にあったNECへの親近感と、「大会社はいやだ」との思いで選んだNEC関連会社の新日本電気。ここがNECグループのコンテンツ関連ビジネスも取り扱う会社だった。

 池田が社会人になった1980年代前半は、文字放送の登場などで「ニューメディア」という言葉が持て囃された時代。経営企画部員だった池田は、「メディアをやろう」と新事業への参入を主導。最初に手がけたのはパソコン用のソフトウエアだった。ちょうど「PC-8001」などNECはパソコンでヒット商品を連発、個人を引きつけるパソコン用ソフト事業への追い風もあった。

 80年代後半になると、CD-ROMが普及。映像をパソコンで見られるようにしただけで売れた時代だった。池田は思いつくコンテンツを片っ端からCD-ROMにしていった。

 しかし、当時のソフトは、あくまでもパソコンなどのハードを売るための存在。音楽でたとえるなら楽曲や歌手よりも、楽器が主役のようなものだった。

 音楽活動の経験も手伝い、コンテンツの概念を有し、その重要性や拡大を目の当たりにしていた池田は、「21世紀にはすごいことになります」と社長に直訴したほどだったが、「ハードが主でソフトは従」という考えを変えさせるには時代が早過ぎた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧