ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く

来るのか、昆虫食時代!!
ムシを食べて食糧難を解消……?

降旗 学 [ノンフィクションライター]
【第32回】 2013年5月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 いきなりですが、問題です。

 現在、地球上で確認されている生物の種類は、何万種類になるでしょう――?
 答え。たくさん。

 ではなく、およそ一〇〇万種類になるのだそうだ。

 そして、驚くべきことに、昆虫はその半数以上を占めているらしい。そのくらいムシには種類があるということだが、しかし、言われてみればそんな気もする。クモやアリなんてものすごい種類がいるし、ダニやごきぶりも何種類といる。

 どーでもいいことだが、ごきぶりという生き物は、本当は“ごきかぶり”というのが正しい名称だった。江戸時代、食器の上を這う姿が、御器(ごき)を囓っているように見えたから御器かぶり。かぶりは“かぶりつく”のかぶりです。

 明治になって昆虫図鑑を編纂した際、執筆に当たった学者がうっかり“ごきぶり”と脱字で認め、編集者も当時は専門的な知識がなかったものだからそのまま掲載してしまい、あの生き物はごきぶりと言うのか……、と誤って世間一般に認知された。

 というのがごきぶり命名の理由らしい。

 やっぱりどーでもいい話だが、誤って認知されたと言えば、漢字の「咲」と「笑」がある。

 この二つの漢字は、逆になって日本に伝わった。もともとは“笑”に花が開くという意味があり、口元で花がほころんだような表情をするから、笑うに口偏をつけて“咲く”が正しい意味だった。

 これも、中国で誤った使い方をされたのがそのまま日本に伝わり、漢字と意味があべこべになった。だから、武井咲ちゃんという可憐な女優さんが出てきたとき、これで“えみ”とは読まねえだろ。

 と私は思っていたのだが、実は彼女の名前は正しい意味で使われていたのである。
 したがって、お笑い芸人は、厳密には“お咲き芸人”と呼ばなければならない。

 本当にどーでもいい話をしてしまったが、武井咲ちゃんのファンの方々、ごきぶりと咲ちゃんを並べて書いてしまったことをお詫びいたします。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

降旗 学[ノンフィクションライター]

ふりはた・まなぶ/1964年、新潟県生まれ。'87年、神奈川大学法学部卒。英国アストン大学留学。'96年、小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。主な著書に『残酷な楽園』(小学館)、『敵手』(講談社)、『世界は仕事で満ちている』(日経BP社)他。


新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く

三面記事は、社会の出来事を写し出す鏡のような空間であり、いつ私たちに起きてもおかしくはない事件、問題が取り上げられる。煩瑣なトピックとゴシップで紙面が埋まったことから、かつては格下に扱われていた三面記事も、いまでは社会面と呼ばれ、総合面にはない切り口で綴られるようになった。私たちの日常に近い三面記事を読み解くことで、私たちの生活と未来を考える。

「新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く」

⇒バックナンバー一覧