ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

ハイテク株の「片翼飛行」
必要なアンバランスの解消

2009年10月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

日経平均とNT倍率

 東証株式市場は、きわめてアンバランスな相場展開となっている。日経平均株価とTOPIXのパフォーマンス格差が、ここ数年見なかったほどに極大化している。

 NT倍率(日経平均÷TOPIX)は、9月25日大引けで11.12倍となった。これは、ITバブルが崩壊した2000年8月以来の高水準である(引値ベース)。

 米ナスダック指数は堅調展開が続き、年初来パフォーマンスは、ダウ工業株30種平均やS&P500を圧倒している。パソコンは底打ちから回復傾向を見せ、iPhone等のスマートフォンの需要は堅調で、世界的にハイテク株のパフォーマンスは良好だ。

 低迷していたDRAMやNAND型フラッシュメモリといった半導体価格も上昇傾向をたどっている。インテルは、4~6月期決算発表後わずか1ヵ月あまりで、売上高、粗利益率の上方修正を発表している。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧