ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
不況前の常識では勝ち残れない! 業界別「経営戦略実践講座」

医療機器業界「三大環境変化」の行方
現場効率化への貢献なくして成長は難しい

デロイトトーマツコンサルティング
【第7回】 2009年10月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 今回焦点を当てる医療機器業界は、一般的に「不況の影響を受けにくい」と言われている。確かに他の業界と比較すれば、その影響は大きくない。

 しかしながら、経済不況が今後長期化すれば、医療・社会保障費の財源不足、患者の受診抑制などが起きる可能性は否めない。

 一方で、他業種と比較して相対的に不況の影響が低いことから、これまで他事業に対して行なわれていた投資資金が医療事業に向き、活性化する可能性もある。

 リーマンショックを発端とした経済不況に伴い、国内医療機器メーカーをとりまく環境は、どのように変化しているのだろうか?

 業界の将来シナリオに大きな影響を及ぼす不確定要素として定義した「公的医療保険制度」「患者ニーズ」「先端医療技術」の動向を整理した上で、今回の経済不況を踏まえた業界シナリオを予測し、「戦略のパラドックス」に陥らないための対応策を検討してみよう。

 結論から言えば、医療の効率化に貢献することが、不確実性に対応するための中軸戦略になる。医療業界のプレーヤーは、事業計画の策定にあたってこのことをよくよく意識すべきだ。

最大の環境変化要因となる
「公的医療保険制度」の動向

 まず、医療業界に不確実性をもたらしかねない環境変化のポイントを詳らかにしてみよう。

 第一に、公的医療保険制度の維持・改革気運が世界的に高まっていることが挙げられる。

 この度政権与党となった民主党では、自公政権が進めてきた社会保障費の削減を止め、医療費の対GDP比率を引き上げるとともに、後期高齢者医療制度の廃止と医療保険の一元化による「国民皆保険制度の維持発展」を掲げている。

 昨今の経済不況に伴う将来不安の解消に向けて、年金問題の解決と共に、医療提供体制の充実を図るというものである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

デロイトトーマツコンサルティング

デロイトトーマツコンサルティングの専門家8人が、毎週交代で執筆を担当。筆者名/松下芳生(デロイトトーマツコンサルティング(以下DTC)パートナー兼常務取締役、デロイトトウシュトーマツ(DTT)アジアパシフィックコンシューマービジネスインダストリーリーダー)、佐瀬真人(DTCパートナー)、矢矧晴彦(DTCパートナー)、高橋淳一(DTCシニアマネジャー)、大日方 隆(DTCシニアマネジャー)、高橋俊成(DTCマネジャー)、西川陽介(DTCマネジャー)、細川敦邦(DTCマネジャー)
デロイトトーマツコンサルティングのHPはこちら


不況前の常識では勝ち残れない! 業界別「経営戦略実践講座」

世界危機の後遺症で、経済は過去に例がないほど「不確実性」を増している。激動の市場で企業が勝ち残るためには、新たな経営戦略のアプローチが必要不可欠となった。その手法を、大手コンサルファーム・デロイトトーマツコンサルティングの専門家たちが、業界別に徹底指南する。

「不況前の常識では勝ち残れない! 業界別「経営戦略実践講座」」

⇒バックナンバー一覧