ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

58歳の脱サラ人生に「悔いなし」。
アプリシアテクノロジー代表取締役&CEO 河合秀樹

週刊ダイヤモンド編集部
【第26回】 2008年4月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
アプリシアテクノロジー代表取締役&CEO 河合秀樹
アプリシアテクノロジー代表取締役&CEO 河合秀樹

 「親会社から株式を買い取って独立する。もちろんリスクはある。私の方針に賛同できる人だけ参画してほしい」

 2007年5月、アプリシアテクノロジー代表取締役&CEOの河合秀樹は、全社員にメールを送った。日本では、まだほとんど実例がない「MEBO」(経営陣と従業員による企業買収)の呼びかけである。 結果は、約100人の社員のうち30人が「出資」。「想像以上の反応に意を強くした」という。

 当時の社名はm・FSI。三井物産とクロリンエンジニアズ(三井物産の実質子会社)、米国のFSI社による合弁出資で、1991年に設立された。出資比率は三井物産・クロリンエンジニアズ合計で51%、FSI49%である。

 m・FSIは、半導体ウエハーの表面処理・洗浄装置メーカー。薬液も水も使わない「極低温エアロゾル洗浄システムANTARES CX」(3ページ目の写真参照)など、他社にはない技術開発力に強みがある。

 半導体市況サイクルのアップダウンを受けて、ウエハーの表面処理・洗浄装置の市場規模も年400億~650億円の範囲で激しく変動するが、「設立当初の3年を除けば赤字を出したことは一度もない」というほどの優良企業だ。

 そんな同社に転機が訪れたのは1年半前。三井物産が連結子会社を800社から200~300社に減らす方針を打ち出したのだ。きっちりと収益を稼いではいるが、商社本業の相乗効果は小さい同社も売却対象になった。

 河合にしてみれば、三井物産の方針は「渡りに船」。この前後から、すでにMEBOを検討しており、有志による社内勉強会も開いていた。

 「問題はFSIだった。FSIが物産の持ち株を全部買うとなったら、独立経営を目指す私の理念に合わない。FSIの100%子会社社長になる気はさらさらなかった」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧