タイ 2013年6月5日

タイに住む日本人女性の悩み
「若いタイ人女性の同僚たちに受け入れられていない私……。これって時間が解決してくれるものですか?」タイ人経理部長ブンが在タイ日本人の質問に答える【ブンに訊け!】

バンコク発ビジネス・生活情報誌『DACO』編集部のタイ人経理部長、ブン(女性)が日タイの架け橋となるべく日本人からの質問に答えます。

読者からの相談:タイ人スタッフに嫌われている
(前略)タイに30年住んでおります生粋の日本人です。
 今、新しい職に就き、(中略)自分の子どもくらいの若さのタイ人たちの中で働き始めました。(中略)1カ月たってもこの雰囲気になじめず、(中略)私をあまり受け入れてくれていないことがミエミエなのです。
(中略)できるだけ馴染もうと、こちらから声 をかけたり、お菓子を買っていったり、努力をしていますが、経営者がいるときだけよい顔をしながら、その人が席を外したとたん、私に対する態度が180度 変わります。
(中略)事態は悪化し、私には仕事を回さない、私がするべき仕事も「マイトン・タム(やらなくていいよ)」とか「マイペンライ(いいからいいから)」と言って自分たちでしてしまう、私抜きでおしゃべりをする、私が何かすると嫌味を言う、という毎日です。
 あとから入ってきた歳食った外国人が、今まで頑張ってきた自分たちよりも上司に認められ、何倍もの給料ももらって、自分たちよりも優遇されていると思えば、私も反対の立場だったらそうなってしまうかもしれません。
(中略)ここで挫けてはいけない、経営者の期待に答えなければ、と思って毎日頑張って出勤しているのですが、これは時間が解決してくれることなのでしょうか。
 家族はタイ人なので、タイ人のことはよく理解していると、自負しております。
 あっ、最後に伝えておきますが、ここは若い女性だけの世界、そして私も女性です。経営者も女性です。(後略)(匿名希望)


【ブンからの回答】

ゲーム感覚で対応して!

 問題の原因が偏狭なタイ人スタッフにあるのならば時間は解決してくれません。どうでしょう。ひとつ、義務ではなくゲームだと思って以下を試みてみませんか。

①プロジェクトが成功したらタイ人スタッフに、「タイ人スタッフのおかげでうまくいきました。ありがとう。経営者にもそう報告しておきました」と告げる。

②ついでに、経営者に特別に報奨金を出してくれるよう頼んでおいた、と告げる。社員はあなたという人は自分たちの気持ちを汲んでくれる人だと急接近してくるはず。

③あなたはまだ新入りなわけです。社員を部下としてではなく、まずは友達として接してみては? プロジェクトは「みんなのおかげで成功した」と思えば、それはスタッフに伝わる。 

④物事を押し付けず、とことん話し合う。勤務態度が悪いなら、なぜそうなのかを話し合う。

⑤新しい職場ではタイ人のほうが仕事を知っていることを知る。

⑥経営者と話す機会をつくり、彼女があなたになにを期待しているか、あなたの仕事の責任の範囲を具体的にはっきりさせてもらう。今の社員の態度を経営者に話すのは、あなたの能力不足と思われるかもしれないので得策ではない。

具体的戦術は?

 私たちタイ人は、競争や辛いことを我慢して、切磋琢磨し結果を出す人種ではありません。それより「助け合う、慈しみ合う」ことを優先させます。

 具体的戦術を伝授しましょう。職場のタイ人に対して、あなた が個人レベルでどんな付き合いをすればいいかを書きます。なんでそこまで!と思うかもしれませんが、これもゲーム感覚でやってみてください。

演技も管理者の実力

①タイ人スタッフは、あなたが彼女らのことを監視して、経営者に告げ口すると思っている。

②よって、あなたがスタッフの味方と信じさせるためにも、彼女らと同じレベルで話を合わせる。高尚なマネージメントの話などもってのほか。新米のクセに賢いところを見せつけたいのねと思われるだけ。

③彼女らの中心人物に接近する。なぜその人が慕われているのか観察する。

④賢くないフリをするように努める。何かにつけ「知らなかったわ~」「教えて~」「へぇ~」「どうしてどうして」と聞くようにする。賢ぶるとゴシップのネタにされる可能性が高くなる。

⑤人より30分早く出社する。仕事前に、早目に来たタイ人スタッフとコーヒーを飲みながら世間話などしやすいし、また仕事前のプライベートな時間で、そのスタッフが何に興味があるかわかることも。 

 以上です。うまくいくような気がしませんか? 興味があるのでぜひ結果を教えてください。

スタッフがたくさんいると仕事が細分化されるのはいいが、それだけヒマな時間も増える。ヒマを持て余すと職場内いじめに生きがいを見出す人も出る。万物はうつろう。渦中から身を引いて他人ごととして自分を見ることができるようになったら、ゲーム感覚で参画してみたい。ダコ編集部ですか? 「傍(はた)を楽(らく)にするのが働(はたら)くこと」と、みんなコキ使われています(写真はDACO編集部の社内風景)【撮影/『DACO』編集部】

(文・撮影/『DACO』編集部)

 

 


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。