ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ビジネスマンのための中国経済事情の読み方

“世界の工場”中国産業界を救うのは「日本の技術」

――「目先の利益」優先で矛盾噴出の中国に解決策は?

高田勝巳 [アクアビジネスコンサルティング代表取締役]
【第18回】 2008年7月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 最近、中国のある有名な若手エコノミストと国内外で数億ドルを運営する投資銀行の若手オーナー社長から現政権の経済運営に対する批判と懸念の声を聞きました。共に40歳前後です。

 エコノミストの主張は、現政権の経済運営は一言でいえば八方美人過ぎてやることが中途半端だ、というものでした。かつての朱栄基首相であれば、この時点でもっと思い切った金融引締めを行っていたはずなのに、現政権は中途半端な引き締めをするから株価もずるずると下がるばかりでなかなか底打ち感が出てこない。そもそも、一党独裁の国で和偕社会などと妙に民衆に媚びたようなことをいうことが気に入らない。所詮民主主義ではないのだから、中途半端な妥協はかえって危険である。和偕をいい口実に、結局現政権は目先の課題に対して自ら責任を取る気概がないのではないか、となかなか厳しい見方でした。

 投資銀行の社長は、今後の中国の経済の先行きに関して、目先2年間は調整局面が続くが長期的にはまだまだ高度成長が続くとの見方を示すなかで、唯一のリスクとして、かつてのような政府のコントロール力がない現政権のなかで政情が不安定になると、この経済成長も保証されないだろうというものでした。

一党独裁下での市場経済により、
噴出し始めた「矛盾」

 これらの批判と懸念は、まさに現在の中国の矛盾を象徴していると思います。市場経済と言いながら、実はまだまだ情報を独占した一部のセクターが富を独占するという矛盾。いくら中央が綱紀粛正を呼び掛けてもとどまることを知らない党員や政府幹部の汚職や不正。和偕社会といながら、所詮それは共産党の掌の上での民意重視にすぎない無力感。また、民意を重視すればするほど権利意識に目覚め政府幹部に対し不満を爆発させる民衆。まさにこの矛盾に満ちた状況の中で、この矛盾を爆発させないように、騙し騙し運営されているのが現在の中国なのでしょう。

 上記の矛盾を図式すると以下の通りとなりますでしょうか。以下の2つの循環がすれ違い、複雑に絡み合っているのが現在の中国なのではないでしょうか。

◎中国の中にある2つの「矛盾」
中国の中にある2つの「矛盾」
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
高田勝巳氏の著書「中国株式市場の真実」好評発売中!

粉飾・汚職・詐欺・国外逃亡・・・。政・官・財一体の公営賭博場と揶揄される中国株式市場の闇の構造を克明に描き、再生の可能性を探る。 2520円(税込)

話題の記事

高田勝巳 [アクアビジネスコンサルティング代表取締役]

上海在住15年。日系企業の中国ビジネス構築を支援しながら、中国経済の動向を「現地の視点・鋭い分析・分かりやすい言葉」をモットーにメディア等を通して日本に発信している。三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)本部証券部門、上海支店等を経て2002年より現職。主な著書に『中国株式市場の真実』(共著・ダイヤモンド社刊)がある。
アクアビジネスコンサルティング ホームページ


ビジネスマンのための中国経済事情の読み方

長年中国に住み、現地企業や政府と接してきた著者が贈る中国リポート。ニュースではわからない、現地で暮らしているからこそ見えてくる“リアルな中国”を紹介する。

「ビジネスマンのための中国経済事情の読み方」

⇒バックナンバー一覧