ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
人材力120%アップ!働くカタチは社員が決める
【第3回】 2013年7月1日
著者・コラム紹介バックナンバー

スーパーバイザーにモバイルワーク導入
店舗経営指導の時間増で拡大戦略を促進
ローソンが選んだシトリックスの安定性・安全性

previous page
3
nextpage

既存アプリを仮想化で継続利用
導入コストを抑えつつ働き方を変革

 SVが携行するタブレットには、ローソンが独自に開発したアプリも搭載されている。タブレットのカメラ機能で店内を撮影すると、すべての社員が画像データを共有できるシステムもその一つだ。

 「お店ごとに商品陳列や売り場づくりには工夫を凝らしていますが、『こんなお店もありますよ』というメッセージを入れて画像をアップすれば、個店ごとの取り組みを全国に広げていくこともできます。こうした現場の情報がリアルタイムで共有できるのは、タブレットならではのメリットだと思いますね」と高原氏。

 こうした社内コミュニケーションのためのアプリは独自に開発して、それぞれのタブレットに搭載する一方、経費精算や勤怠管理などの既存の業務アプリについては「XenApp」により仮想化されタブレットに配信される。

 SVは、タブレットに搭載した「Receiver」経由で、「XenApp」により仮想化された業務アプリにアクセスするという使い分けを行っている。すべてのアプリを自社開発するには相応の時間とコストが掛かるが、その点、「XenApp」なら、既存の業務用アプリを改修することなくモバイルで利用できるので、投資コストを抑えられるのも大きな魅力だ。

 また、デスクトップ仮想化ソリューションの「XenDesktop」は、在宅勤務を行っている社員や、官公庁などへの出向社員が、 データセンターのサーバ上にある仮想デスクトップを呼び出し、オフィスにいるのと同じ環境で業務ができるようにするために導入した。これはSVだけでなく、育児休業中で在宅勤務を行っている社員なども活用しており、優秀な女性人材をさらに戦力化する上でも有効な施策となっている。 

previous page
3
nextpage

underline
お問い合わせ先

シトリックス・システムズ・ジャパン
株式会社

〒100-0013

東京都千代田区霞が関3-2-1

霞が関コモンゲート西館24F

TEL:03-4577-5900(代表)

http://www.citrix.co.jp




人材力120%アップ!働くカタチは社員が決める

ホワイトカラーの生産性を上げるため、日本でもモバイルワークの導入を進める企業が増え始めている。シトリックス・システムズは、“Work better. Live better.”の理念の下、オフィス以外の場所での生産性を維持しつつ、私生活のクオリティも高めるためのソリューションを提供するトップランナー企業。その実践的効果を紹介する。

「人材力120%アップ!働くカタチは社員が決める」

⇒バックナンバー一覧