ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
人材力120%アップ!働くカタチは社員が決める
【第3回】 2013年7月1日
著者・コラム紹介バックナンバー

スーパーバイザーにモバイルワーク導入
店舗経営指導の時間増で拡大戦略を促進
ローソンが選んだシトリックスの安定性・安全性

previous page
4

 ローソンでは今後、より積極的に仮想化ソリューションを活用していくことを検討している。

 「例えば、グループ会社のシステムを統合する際も、仮想化ソリューションは有効な手段だといえます。従来であれば、システムを統合するにはグループ全体のハードウエアやソフトウエア、ネットワークなどを統一しなければなりませんでしたが、仮想化ソリューションを利用すれば、一つのシステムにグループ全体からアクセスできるようになるので、設備投資が大幅に削減できます」

 将来的にはグループ全体のシステム統合だけにとどまらず、各店舗や海外拠点との業務のやりとりについても仮想化ソリューションの活用を検討しているという。ITの積極的な活用によってサービスを拡張し、地域に愛され、支持されるローソンの輪は、ますます世界に広がりそうだ。 

「マチのほっとステーション」を掲げ、地域に根差すサービスを展開するローソン。国内外本部と約1万1500の店舗をつなぐ情報基盤構築をシトリックス・システムズが支援する。 ©LAWSON
●ローソンのホームページ http://www.lawson.co.jp

 

Photo by Nobuhito Takahashi

[PR]

 

previous page
4

underline
お問い合わせ先

シトリックス・システムズ・ジャパン
株式会社

〒100-0013

東京都千代田区霞が関3-2-1

霞が関コモンゲート西館24F

TEL:03-4577-5900(代表)

http://www.citrix.co.jp




人材力120%アップ!働くカタチは社員が決める

ホワイトカラーの生産性を上げるため、日本でもモバイルワークの導入を進める企業が増え始めている。シトリックス・システムズは、“Work better. Live better.”の理念の下、オフィス以外の場所での生産性を維持しつつ、私生活のクオリティも高めるためのソリューションを提供するトップランナー企業。その実践的効果を紹介する。

「人材力120%アップ!働くカタチは社員が決める」

⇒バックナンバー一覧