ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
為替市場透視眼鏡

2008世界経済は減速かインフレに
どちらに転んでも円高推移

週刊ダイヤモンド編集部
2007年12月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 米ドルは景気循環に沿った下落局面にある。米国ではサブプライム問題で、住宅部門の調整に株価の下落が加わり、個人消費も鈍化しそうだ。米経済成長率は来年前半に1.5%に落ち、堅調な世界需要や政策対応を受け、年後半に2%台前半に持ち直すと想定してきたが、もう少し下振れるだろう。

 ドルは米景気減速、利下げ過程で下落しやすい。その後景気回復しても、利上げが数回行なわれるまで下方リスクが残る。このパターンからすれば、ドルが上昇軌道に戻るのは来年後半でも難しい。

 景気下降局面のドル安圧力は、マネーの流れに表れる。米国は巨額の経常赤字を海外からの投資や借り入れで埋め合わせる必要がある。しかし景況が悪化すると、海外勢の対米投資意欲は減退する。

◎外国人の対米証券投資
外国人の対米証券投資
※6ヶ月移動平均
出所:ブルームバーグ

 上の図では確かに、外国人の投資が最近減っている。しかも、近年は国債以外のシェアが上がっていて、サブプライム問題で信用市場が麻痺すると、海外からの借り入れはいっそう厳しくなる恐れがある。

 じつはここ10年、経常不均衡は世界的に拡大している(下図参照)。

◎主要国の経営不均衡の推移(対GDP比)
外国人の対米証券投資
出所:OECD
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


為替市場透視眼鏡

FX、外貨投資家のニーズに応えた為替投資家向けコラム。執筆には第一線のエコノミストを迎え、為替相場の動向を分析、今後の展望を予測する。

「為替市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧