中国 2013年6月11日

「反日」の煽りを食ったのは日系企業だけじゃない!
“親日”中国人企業家たちの試練とは? 【第3回】

2006年に中国移住。蘇州、北京、広州、そして08年からは上海に在住。情報誌の編集長を務める大橋さんが目にした、尖閣問題以降の中国人親日企業家たちの苦悩とは?

「日本技術」――強みのはずが一転、“足かせ”に

 微小粒子状物質「PM2.5」を代表とする大気汚染が深刻化するなか、日本ほどではないにしろ、中国でも住宅などの室内環境が見直されるようになってきた。これまでほとんど注目されることのなかった日系メーカーの空気清浄機が飛ぶように売れ、中国メーカーがこぞって市場に参入しはじめるほどだ。

 空気洗浄機に限らず、消臭、除菌、抗菌など、室内環境を改善する商品や技術は、日本企業の得意とするところだ。「日本技術」の謳い文句には、中国でも一定の吸引力がある。ところが、日本政府による尖閣諸島(中国名:釣魚島)国有化に端を発する反日デモ直後は、それが逆に“足かせ”となる。日本の商材を販売する林丹さんにもその試練が襲った。

上海榕源環境科技有限公司の林丹総経理(社長)【撮影/大橋史彦】

日本でコンサル会社を創業、ベンチャー企業のニーズを汲み中国に逆進出

 福建省出身の林さんは、先に日本で暮らしていた従兄弟の影響で日本に留学。語学学校などを経て中央大学に入り、同大学の大学院にも進んだ。修了後、そのまま日本で就職したがすぐに辞め、中国進出を支援するコンサルティング会社「C&N国際」を創業。それがいまの事業につながっている。

 C&N国際の主な顧客は中国に技術を売り込みたい日本のベンチャー企業で、とりわけ多かったのが、室内環境を改善する商品を開発している企業からの引き合いだった。1990年代からシックハウス症候群が問題となっていた日本では、そのためのノウハウが蓄積されていた。

 日本には技術力を持ったベンチャー企業がたくさんあるが、単独で海外進出する体力はない。しかも当時、中国ではそうした環境関連分野への関心が低く、パートナーとして手を挙げる企業も見つからなかった。そこで林さんは、自らが展開しようと思い、2008年、上海に「上海榕源環境科技有限公司」を設立したのだった。

上海榕源環境科技が扱う製品は、家庭用に業務用、スプレータイプに据え置きタイプと、用途によってさまざま【撮影/大橋史彦】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。