ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

自分のキャリアを決めていくのは自分である

上田惇生
【第153回】 2009年8月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
乱気流時代の経営
ダイヤモンド社刊
1631円(税込)

 「知識労働者はやがて第2の仕事を探すようになる。だが、1度も仕事を変えたことがなければ、65歳で新しい職を探すことは容易でない」(『乱気流時代の経営』)

 第2の人生の用意が必要になるなどということは、誰にも心構えのできていなかった革命的な変化である。既存のいかなる制度も想定していなかった事態である。

 たとえ仕事に満足していても、中年の初めには飽きてくる。定年のはるか前に、興奮、意欲、情熱を失う。学校教育の期間は延びたが、それでもまだ残された労働寿命が長過ぎる。

 知識労働には習慣性がある。そのくせ同じ仕事では情熱をもって働き続けることができない。燃え尽きる。すでに企業、政府、軍、大学ではリサイクル、再充電、リフレッシュ、大学院が話題になっている。

 いかなる知識労働の仕事も、あまりに長く就いていれば飽きる。ドラッカーは、今日あらゆる組織に同じ仕事をあまりに長くしていたため欲求不満に陥っている人たちが大勢いると言う。

 日常化した毎日が心地よくなったときこそ、違ったことを行なうよう自らを駆り立てる必要がある。

 自らの仕事をし、自らのキャリアを決めていくのは自分である。

 「企業という最も柔軟で流動的な組織さえ、人を同じ仕事、同じ環境に閉じ込めようとする。閉じ込められているほうは飽きる。燃え尽きたのではない。違う種類の問題を与えられ、新しい土に植え替えられることが必要なだけである」(『乱気流時代の経営』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧