ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル流行通信 戸田覚

高画質で遊び心満載の「デジタル写真立て」に注目

戸田 覚 [ビジネス書作家]
【第27回】 2008年5月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
ソニー発売のデジタルフォトフレーム「S-Frame」シリーズ
ソニー発売のデジタルフォトフレーム「Canvas Online CP1」」(3万円程度)。高画質で遊び心いっぱい

 いよいよテレビが地デジに変わるが、画面を見ている私たちのスタイルはあまり変わらない。だが、デジタル製品が人々の生活を大きく変えたことは間違いない。手紙はメールになり、車で見ていた地図はカーナビに変わった。本当に便利なものは、ITリテラシーに関係なく普及していくものなのだ。

 デジタルが普及して、超高画質なビデオが撮れるようになっても、我々は写真が大好きだ。技術的には、もっと動画が普及しても良さそうなのだが、相変わらずビデオより写真を撮影する機会が多い。

 しかも、いまだに写真をプリントして見ている人も大勢いる。デジカメはあっという間にフィルムを駆逐したが、実は画像を記録するという一部の仕組みがデジタルになっただけだ。つまり、これまではテレビのように写真を見るスタイルがあまり変わらなかったのである、

 ところが、ソニーから写真の楽しみ方を変える可能性を秘めた写真立て「Canvas Online」が登場した。従来から、いわゆるデジタルフォトフレームは多数存在した。特に米国には多くの製品があり、安価なタイプがよく売れている。ハリウッドの映画を見るとわかるように、アメリカ人は家に写真を飾るのが大好きなようだ。

 ソニーの担当者もそこに目を付けたという。今売れているような安価で画質の悪い製品ではなく、より美しい画質のデジタル写真立てを目指したのだ。

 Canvas Onlineを借りて見たのだが、画質は確かに文句なしだ。携帯電話やデジタルカメラの液晶がそのまま大きくなったと思えばわかりやすいだろう。液晶のサイズはカーナビ程度の7型で、800×480ドットとほどほどの解像度だ。写真も美しく緻密に表示でき、1万円を切る価格帯と手頃だが、安いだけのデジタルフォトフレームとは、明らかに質が違うのだ。

 さらに、本体のデザインもソニーらしくとても素晴らしい。液晶のフチが薄く、透明なアクリルを本体下部にあしらった美しいスタイルなのだ。

デジタル写真立てで
写真の見方が変わる

 このデジタル写真立てには、実はソニーがこれまでにパソコンソフトなどで培ってきた技術やアイディアが満載されている。写真を表示する際も、単なる静止画にとどまらない。いわゆるスライドショーが可能で、複数の写真をどんどんめくってくれる。そのうえ、一部をズームアップしたり、フェードアウトする。自分で撮影した写真が、まるで映画のシーンのように見られるのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

戸田 覚[ビジネス書作家]

1963年東京生まれ。ビジネス書作家、コンサルタント。株式会社アバンギャルド、有限会社戸田覚事務所代表取締役。ハイテク、パソコン、成功する営業のコツ、新商品開発、新事業開発といったテーマを中心に、執筆、出版プロデュース、講演、コンサルティングに携わる。ビジネス誌、パソコン誌、情報関連雑誌をはじめとして多数の連載を抱える。
著書に『あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』『プレゼンの極意を盗め!』(以上、ダイヤモンド社)、『すごい人のすごい企画書』(PHP研究所)、『仕事で使える!クラウド超入門』(青春出版社)、『LinkedIn人脈活用術』(東洋経済新報社)など多数がある。
著者ブログ:http://www.toda-j.com/weblog/
株式会社アバンギャルドHP:http://www.avant-garde.jp/


デジタル流行通信 戸田覚

PC、携帯、家電、ウェブ、ITサービス、ITソリューションなど、デジモノ&IT全般にかかわる最新トレンドを、ビジネス作家・戸田覚が毎回鋭い視点でレポートしていくコラム。

「デジタル流行通信 戸田覚」

⇒バックナンバー一覧