ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

羽田からアフリカへの接続が向上
エミレーツがドバイへ直行便

週刊ダイヤモンド編集部
2013年6月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
羽田―ドバイ直行便の記者会見に臨んだエミーツ幹部ら。 左から3番目がティエリー・アンティノリ・エミレーツ航空パッセンジャー・セールス・ワールドワイド執行副社長
Photo by Ayako Suga、エミレーツ航空

 エミレーツ航空(アラブ首長国連邦)が羽田―ドバイ路線の就航を始めた。

 2010年から再国際化した羽田空港からは、現在、19の航空会社が欧米アジア18都市へと乗り入れているが、中東への就航は今回が初めてとなる。「羽田空港からはビジネス需要を見込んでいる。特に、ドバイから20都市に接続しているアフリカへの乗り継ぎに最適」(リチャード・エンゲルマン・エミレーツ航空日本支社長)とアピールする。

 エミレーツといえば、いまや世界の航空業界において飛ぶ鳥落とす勢いだ。

 豊富なオイルマネーを背景に、毎年2桁成長を遂げており、12年度の売上高は199億ドル(約1兆9900億円、前年度比17%増)で、「過去25年間ずっと黒字を達成してきた」(ティエリー・アンティノリ・エミレーツ航空執行副社長)。

 中東という地理的条件に恵まれていることもあり、昨今は、アジアとヨーロッパを結ぶ路線を侵攻、アジア太平洋地域の航空会社に揺さぶりをかけている。オーストラリア―ヨーロッパ路線で打撃を受けたオーストラリアのカンタス航空は、提携パートナーを英ブリティッシュ・エアウエイズからエミレーツに切り替えたばかりだ。

 さらに、今後の成長にも意欲的だ。

 総2階建てで世界最大の旅客機エアバス380や、大型旅客機ボーイング777など、合わせて195機、総額にして710億ドル(約7兆1000億円)相当を発注済み。拠点とするドバイ国際空港は、受け入れ可能旅客数を現在の年間6000万人から18年までに9000万人に拡大するとしているが、「これに合わせてエミレーツも貢献したい。20年までに供給量を倍増できる」と強気だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧