フィリピン 2013年6月20日

日本での介護に不安を抱いた息子と、フィリピン妻に連れられて……。
99歳と89歳のフィリピン移住

フィリピン在住17年。元・フィリピン退職庁(PRA)ジャパンデスクで、現在は「退職者のためのなんでも相談所」を運営する志賀さんのフィリピン・レポート。今回は、震災以後、東北・山形での介護に不安をいだいた男性が、両親とともに妻の実家のあるフィリピンで田舎暮らしを決意。その両親の年齢は99歳と89歳……。

東北山形から、フィリピン妻の故郷に一家移住

 Kさんは2004年、私がPRA(フィリピン退職庁)にいたころに退職ビザをとった。そのKさんがご両親を連れて、奥さんの故郷フィリピンに永住するためにやってきた。

 それまでは「両親の介護があるのでフィリピン移住は先の話」とおっしゃっていたが、東日本大震災で、日本で両親の介護をすることに不安を抱き、一家でフィリピンに移住することを決意したのだ。Kさんは東北、山形県在住だ。

 ビザ申請の準備として、事前に日本大使館で婚姻証明を取得した。申請者が1913年生まれと知って、窓口担当者が驚嘆の声を上げていた。数えで99歳、もうすぐ生誕1世紀となるのがお父様で、お母様は89歳だが認知症を患っている。ともに大正生まれだ。

 初日の予定はNBI(国家捜査局)、クリニック、銀行、PRA、日本大使館で、相変わらずの渋滞のうえに、車の乗り降りに20~30分かかるため、やっとのことで回りきった。

 翌日もビザ申請のほか、引越し用の荷物の無税輸入手続き、お母様の銀行口座開設、ビザ取消の委任状と口座の共同名義への変更、Kさんの免許証の書き換えなど予定がぎっしりで、それも午後2時までに終えなくてはならないため、おおわらわの2日間だった。

 たったの2日で疲労困憊するのだから、高齢のご両親を伴って一家で日本から移動してきたKさんの苦労は、言葉に尽くせないものがあったと思う。

 ビザの受取りは私が代行するのだが、そのためには事前に本人たちがPRAを訪問して受取手続きをしておかなければならないという。Kさん一家を連れてPRAを訪ねると、窓口のミッシェルが営業部長のノエルに連絡し、さらにノエルがGM(ゼネラルマネージャー)に報告して、PRA一同がKさん一家を迎えた。恒例の記念写真を撮ってもらったが、おそらくPRAの高齢者ビザ取得のレコードだと思う。

NBIで指紋をとるKさんのお母様 【撮影/志賀和民】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。