ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略

最高益更新中のアパレル王者は磐石か
“ユニクロ独り勝ち”の死角をあえて問う!

高田直芳 [公認会計士]
【第7回】 2009年5月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 これまで不況に悩む電機や自動車各社を分析してきたが、その一方で「独り勝ち」と呼ばれる企業が存在する。小売業界でいえば、ファストフードの日本マクドナルドや、家具のニトリが挙げられるだろう。

 なかでもひときわ光彩を放つのが、カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングだ。以下では、日経平均株価の採用銘柄としての通称名である「ファストリ」と呼ぶことにする。

 筆者の住む栃木県小山市にもユニクロの店舗があり、平日にもかかわらず駐車場はいつも満車状態に近い。休日ともなると、ユニクロ周辺の道路は大渋滞を引き起こす。

 なお、私事で恐縮だが、小山市と書いて「おやま市」と読む。東京の品川区にある武蔵小山(こやま)の影響なのだろう。しばしば「こやま市」と読み間違えられる。全国一知名度が低いとされる栃木県の、その最南端に押しやられている市なのだから、「“こやま市”でも別にいいや」と考えている。

 昔、タレントの桜金造氏に「お、やぁま、ゆぅ~えんちぃ~」と茶化された。その遊園地は今やなく、ニトリやケーズデンキをはじめとするショッピング-センターに生まれ変わり、その地域一帯は「おやまゆうえんハーヴェスト・ウォーク」と呼ばれている。

 「盛者必衰の業界地図」を、一箇所で観察できるのが面白い。

ファストリの絶好調を支える
ビジネスモデル“SPA”

 さて、本題に戻ろう。ファストリのビジネスモデルを一口で表わすと、「SPAの代表」だ。これは“Speciality store retailer of Private label Apparel”の略称であり、「製造小売業」と訳され、アメリカの衣料品専門店「GAP」が嚆矢(こうし)とされる。

 堅苦しい定義を持ち出すことになるが、総務省統計局の「日本標準産業分類」を参照すると、「大分類I-卸売業、小売業」の下に「(2)製造小売業:製造した商品をその場所で個人又は家庭用消費者に販売するいわゆる製造小売業(菓子屋、パン屋などにこの例が多い)は製造業とせず、小売業に分類される」とある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高田直芳 [公認会計士]

1959年生まれ。栃木県在住。都市銀行勤務を経て92年に公認会計士2次試験合格。09年12月〜13年10月まで公認会計士試験委員(原価計算&管理会計論担当)。「高田直芳の実践会計講座」シリーズをはじめ、経営分析や管理会計に関する著書多数。ホームページ「会計雑学講座」では原価計算ソフトの無償公開を行なう。

------------ファイナンスの基礎知識が満載!------------
  ★高田直芳ホームページ『会計雑学講座』


公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略

大不況により、減収減益や倒産に直面する企業が急増しています。この連載では、あらゆる業界の上場企業を例にとり、どこにもないファイナンス分析の手法を用いて、苦境を克服するための経営戦略を徹底解説します。

「公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略」

⇒バックナンバー一覧