タイ 2013年7月2日

タイに住む日本人からの疑問
「タイ版『王室アルバム』のタイトルバックに、なぜドイツの行進曲「旧友」が流れているのでしょうか」タイ人経理部長ブンが在タイ日本人の質問に答える【ブンに訊け!】

バンコク発ビジネス・生活情報誌『DACO』編集部のタイ人経理部長、ブン(女性)が日タイの架け橋となるべく日本人からの質問に答えます。

読者からの相談:国王陛下の行進曲
(前略)タイのテレビで毎日20時から放送されているタイ版「王室アルバム」についての疑問です。
番組では、(中略)王室の方々のニュースが放送されますが、タイトルバックの音楽でドイツの行進曲「旧友」が流されることを長年疑問に思っております。
タイとドイツの間には特別な関係があり、わざわざこの曲を使用しているのでしょうか。(Fumi)


【ブンからの回答】

なぜドイツの行進曲?

 タイの「王室アルバム」は民放全6局で、毎日20時から放映することが義務付けられている番組で、放映時間は10~15分です。

 私は日本語の読み書きができないため、皆様からのご質問に応えるために、毎回、日本語で寄せられた私への問い合わせを、編集部の日本人が要訳して伝えてくれているのですが、今回は音楽に関する質問だったので、世界で最も有名といわれる行進曲「旧友(日本語曲名)」をYoutubeで聞かせてもらいました。

 ホントだ! 「チャンネル3」のニュース番組の前に流れるテーマソングだ! でもなぜ?

タイの行進曲だった! 

 この曲を採用しているのは6局のうち、チャンネル3だけですので、局に電話してニュース担当の方に尋ねたところ、驚愕の事実が!

 Fumiさんも私も大勘違い。 チャンネル3で20時にかかるこの曲は、「旧友」ではなく、プミポン国王陛下が自ら近衛兵のために作曲された「ザ・ロイヤル・ガード・マーチThe Royal Guards March(The Royal Guardsは近衛兵のこと)」でした。

 原曲は1948年に作られた「ラジャワンロップ(「王様の友」の意)」で、これを聞いた近衛兵がこの曲にぜひ歌詞をつけたいということになり、近衛兵のひとり、シーポー氏が作詞を請け負いました。

 ところが歌詞がメロディより長かったので、国王がシラパコーン大学の音楽教師ピティ氏(タイの国歌も作曲)に編曲を依頼。こうして現在の「ザ・ロイヤル・ガード・マーチ」が生まれました。 

 一度Youtubeで聴いてみてください。ドイツの「旧友」とはまったく別のものです。

 こちらが「旧友」。 

 

 そしてこちらが「ザ・ロイヤル・ガード・マーチ」。

 

 最初の1小節で一瞬、おっと思いますね。

王室用の曲にあらず

 さてチャンネル3の開局は42年前の1970年3月26日で、初代社長であるサッパシリ氏がこの行進曲を20時からのニュース番組の直前に流すことを決めました。当時は20時になるとまず王室関連のニュースを、続けて一般のニュースを伝えていました。

 現在は競合局との対抗上、16時~18時まで一般のニュース番組。18時~20時まではドラマやバラエティ番組。そして20時から王室関連ニュースという番組構成になっています。

 一般のニュースは早く始まるようになりましたが、行進曲をかける時間は42年間20時から動かず。それで、Fumiさんのように王室ニュースのタイトルバックの音楽と思えてしまうわけですが、チャンネル3では王室用の曲ではなく、あくまでニュースのテーマ曲であるという見解でした。

 ちなみに、Fumiさんと私に誤解を与えるきっかけをつくった(?)、チャンネル3の初代社長サッパシリ氏は存命で、現在92歳。当時の趣味はビデオ撮影で、タイで初めてアニメを制作したり、ボクシングの実況中継を自らかって出たり、さらにはシンガポールで開催された国際的なイベントに参加して、数々のビデオ作品賞をモノにしたこともあるそうです。

 なお、民放全局で「王室アルバム」が放映されることからもわかるように、タイでは国王陛下は多くの国民に敬愛されており、街中や多くの事務所に肖像画が掲げられています。

 以前、DACO編集部で「国王陛下のこぼれ話」という特集をしたことがある。陛下の地方への視察時や大学生との対話などで伝聞されるユーモアと国民への愛があふれる言葉を集めた。このとき、みんながよく知るある「こぼれ話」を日本人に披露していたタイ人スタッフが、すこしの間、無口になり、堪えきれず 泣き出した。そして、周りのスタッフもつられて……。
 ただひとり、当時の政権を批判する反独裁民主戦線(タクシン派・赤シャツ)の主張を理解する女性だけが泣かなかった(その主張を理解するものはタイの王室制度が現代にそぐわないという点で共通することがある)。
 写真は、「ザ・ロイヤル・ガード・マーチ」をひととおり聞いた後、「軍のマーチね。小学校からカレッジまで、学校の運動会ではかからなかったわ」とクールなブン【撮影/DACO編集部】

(文・撮影/『DACO』編集部)

 

 


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。