ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

民主党政権下の年金運用を想像する

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第98回】 2009年10月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 鳩山内閣の閣僚人事を見て最大のヒットだと思ったのは長妻昭氏の厚生労働大臣だ。下馬評の「年金問題担当相」というようなあいまいなポストではなく、厚生労働省の人事権を持つ大臣に就任したことは年金制度の改革にとって非常にいいことだ。

 さて、マネー経済の世界の住人にとっては、将来の年金資金運用の動向が重大な関心事だ。

 主なものだけでも、(1)公的年金の積立金は増えるのか・減るのか、(2)公的年金はリスク資産での運用を拡大するか・縮小するか、(3)公的年金は株式投資を将来も続けるのか、(4)年金制度一元化は積立金運用にどのように影響するか、(5)旧制度から新制度への移行は運用内容にどう影響するか、(6)確定給付の企業年金はどう変化しその運用はどうなるか、(7)確定拠出年金は拡大するか、といった重要なテーマがある。

 民主党マニフェストの工程表では、政権当初の2年間は「消えた年金問題」に集中対応して、3年目に年金制度を議論し、4年目に新制度の法案を通す、といったスケジュールが示されている。率直に言って、政権当初から新制度に関する議論を始めて、新制度の発足を急ぐべきだと思うが、仮に、このスケジュールで物事が進む場合でも、年金制度の一元化への対応を意識して共済年金や企業年金の運用内容が1~2年目から変化する可能性がある。

 いずれにせよ、現段階で将来の年金運用は「想像」するしかない。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧