ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
吉田恒のデータが語る為替の法則

「100年に一度」の円高はこれから本格化!
再加速して、ドル/円は87円割れに向かう

吉田 恒
【第34回】 2009年6月24日
著者・コラム紹介バックナンバー

 今回の円高・ドル安トレンドは、2007年6月22日の124円から始まりました。それから、ちょうど丸2年が経過したのです。

 しかし、それは円高基調の「平均」に比べると、まだまだ「平均」以下でしかないのです。

 過去20年間において、円高トレンドは3回ありました。その持続期間は1年3ヵ月~5年で、平均すると3年1ヵ月になります。そして、その間のドル下落率は25~50%で、平均では35%でした。

過去の円相場サイクル

 つまり、円高・ドル安トレンドの「平均」は、3年1ヵ月続いて、その間にドルが35%下がるというものです。

 今回の円高トレンドにおける、これまでのところの円高値・ドル安値は2009年1月につけた87円です。もし、あれで円高・ドル安トレンドが終わっていたとすると、期間は1年7ヵ月、ドル下落率30%だったということになります。

 そうすると、今回の円高トレンドが「平均」以下にとどまったということになるわけです。

「100年に一度」で
「平均以下の円高」はあり得ない?

 今回の円高トレンドは、「100年に一度の危機」とされている中で起きています。危機の震源地である米国ではそれをしのぐべく、政策金利を史上初の実質ゼロまで引き下げ、さらに財政赤字の対GDP比率を第二次世界大戦以来の水準まで拡大させてきました。

 それにもかかわらず、今回のドル安・円高トレンドが「平均」以下で収まるといったことが、果たしてあるのでしょうか?

 あの87円までの円高・ドル安は、とてもすさまじい動きでした。しかし、それでも「ドル下がり過ぎ」の限界といった動きではなかったようです。

 私は、長期的な相場の行き過ぎについて、5年移動平均線からのかい離率で確認することを基本としています。

米ドル/円の5年移動平均線からのかい離率

 それによると、ドルは過去に5年移動平均線を3~4割も下回ったことがあったのに対し、今回は2割下回ったにとどまっています。ドルが長期的に、「下がり過ぎ」の限度に達したということではなかったわけです。

 それでは、ドルはなぜ87円から、一時は100円を超えるまで反発したのでしょうか?

 それは、長期的には「下がり過ぎ」の限度に達したわけではなくても、短期的には「下がり過ぎ」になっていたからでしょう。

記事の続きを読む

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

吉田 恒 

立教大学文学部卒業後、自由経済社(現・T&Cフィナンシャルリサーチ)に入社。財務省、日銀のほかワシントン、ニューヨークなど内外にわたり幅広く取材活動を展開。同社代表取締役社長、T&Cホールディングス取締役歴任。緻密なデータ分析に基づき、2007年8月のサブプライムショックによる急激な円高など、何度も大相場を的中させている。2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケット エディターズ」の日本代表に就任。


吉田恒のデータが語る為替の法則

為替相場には法則がある! 数々の大相場を的中させてきた吉田恒が、豊富な過去データを分析して法則を導き出し、為替の先行きを予想します。

「吉田恒のデータが語る為替の法則」

⇒バックナンバー一覧