タイ 2013年7月9日

日本に住む日本人女性からのメール相談
「つきあっていたタイ人男性にお金を貸したまま別れました。一向に返してくれません!」タイ人経理部長ブンが在タイ日本人の質問に答える【ブンに訊け!】

バンコク発ビジネス・生活情報誌『DACO』編集部のタイ人経理部長、ブン(女性)が日タイの架け橋となるべく日本人からの質問に答えます。

読者からの相談:タイ人特有の浮気や嘘。貸したお金を返してくれない元彼 
  初めまして。日本からメールしています。友人から「ブンに訊け」を教えてもらい、いちかばちかでメールしてみました。
  私には4年ほどつきあっていたタイ人男性がいたのですが、タイ人特有の浮気や嘘、お金の問題などで音信不通にされたため、見切りをつけて別れました。
  ただつきあっていた当時は将来を考えていたので、困っていた彼に100万円ほど貸しました。3年以上前の話です。(中略)
 彼の母親も彼が私から借金をしてることは知っていますが、息子がかわいいのか、タイ人だからか、まったく何も言ってくれません。
 昨年、何度か催促のメールと電話をしましたが、「絶対返すから待って。銀行で借りるから」と言ったまま連絡はありません。うちの家族からは高い勉強代だったと思って忘れろと言われています。
 電話をしても都合が悪いと無視をするような男性なので、自分がまた憤慨させられるのも嫌で、こちらからそれ以上催促もできず、そのままの状態になっています。(中略)
 彼のタイでの会社、日本の会社、彼の周りの日本人、タイ人、彼の携帯、彼の母親の携帯、彼の実家の住所などいろいろ知ってるのですが、タイ語は話せないし、タイ人相手に日本からどうにかできる問題でもないので、泣き寝入りです。(中略)
 彼には お金以外でもだいぶ苦しめられたので、せめてお金くらい返してもらいたいと、いまだに思ってしまう私は、間違っているでしょうか? 返ってこないにしても 彼がやっていることは人として最低だということを、思い知らせることはできないでしょうか? (りんむー) 


【ブンからの回答】

いつまでも慕わないで

 借用書がないのなら、たとえ裁判所へ訴えたとしても、“彼から愛をもらったからお金をあげた”ギブ・アンド・テイクの関係とみなされるだけ。

 でも、憎い相手に復讐したいのでしょうね。わかります。そんなときは、ちょっと鏡を覗いてみてください。とても怖い顔をしているはずです。

 そんな男のことを「慕って」 いないで、家族や友だちを慕いましょうよ。美しい顔の表情をしていれば新しい恋人だって見つかります。みんなが恋人を紹介してくれます。

 その男のことを忘れられなくてもいいんですよ。だって将来、同じ目に合わないじゃないですか。

自分の心を見つめる

 もう一度、冷静に考えてみましょう。

 復讐の炎を燃やしても、その男はあなたの怒りなど露知らず、なのです。怒りで顔が歪んでいるのはその男がそうさせているのではなく、あなた自身がそうしているということに気づいてください。怒っているのは本当は自分に対してかもしれません。

男のために祈ってやる

 あなたは悪くありません。悪いことは悪いことをした男に一生ついてまわります。これはブッダの教えですが、男の未来のために、たとえば祈る。その男がいつか いい人になれるように祈ってあげる。哀れんで慈悲をかけてあげる。その男があなたやほかの人によくしてくれたことを思い出しながら。

 いつかその男と偶然会うことがあって「おまえ、綺麗になったな。なにがあった?」と聞かれたら、「あんたと別れたんじゃない!」と言い返してあげましょうよ!(ブン)

タイのメロドラマの定番は、浮気男にヒステリック女と男を誘惑する性悪女

 タイの典型的なメロドラマは、浮気男とヒステリックに泣きわめく女、男を誘惑する性悪女、で成り立つ単純明快さが魅力(?)。

 それがゴールデンタイムに放映されるものだから、浮気は僕だけじゃない、ヒステリックになるのは私だけじゃない、誘惑するのは……タイ人はみんなそうなんだと、みな都合よく解釈してしまうのではないかと心配してしまうほど。

浮気がバレたときのセリフや仲直りのセリフは万国共通だが、テレビをよく観て役者になり切るための研究心が肝心なようです(本文とは関係ありません)【撮影/DACO編集部】


(文・撮影/『DACO』編集部)

 

 


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。